【素朴な疑問】赤くなってしまったふつうのピーマンは食べられる?

【素朴な疑問】赤くなってしまったふつうのピーマンは食べられる?

今回は、ふつうのピーマンが赤くなってきている場合、食べられるのかについてお伝えします。

お店で売られているピーマンは、ふつう緑色ですよね。

でも赤くなってしまうことがあります。

赤くなってきたピーマンは食べることはできないのでしょうか。

<スポンサーリンク>

ピーマンは未完熟で収穫されている!

ピーマンは、未完熟の状態で収穫され、出荷されます。

ピーマンは熟すと、緑ではなく全体が赤くなります。

 

上の写真は、栽培していて赤くなってしまったピーマンを農家さんが販売していたので買いました。

全体が赤くなる前で、まだらに赤くなってきています。

 

ピーマンは、追熟します。

買ってきた緑のピーマンも、熟す手前の個体だった場合、保管していると赤くなってきたりします。

 

 

<スポンサーリンク>

赤くなってきたピーマンは鮮度さえチェックすれば食べられます!

赤くなってきたピーマンが、とろけていたり、ねっとりした感じで柔らかくなっていたり、変な匂いがしなければ、充分食べられます。

栄養もあり、味は甘くなっているだけですので、なんの支障もありません。

 

ハリとツヤがあり、腐敗が始まってさえいなければ食べられます。

怪しい箇所は切り落として、ハリのある、使えそうなところだけ使っても大丈夫です。

 

 

また、自分で栽培していて、うっかり収穫を忘れて赤くなってきてしまった場合も、表面にハリがあって元気なようであれば食べられます。

赤くなって毒素が生まれるわけでもありません。

むしろ甘みが増しておいしくなっているくらいですよ(^^)/。

 

私の近所では、収穫が間に合わず、赤くなってしまったピーマンが売られていることがあります。

上の写真のように、まだらに赤くなってきています。

 

赤黒くなっているところもあります。ここはだんだん鮮やかな赤になっていくところです。

ハリがあり、柔らかくなっておらず、とろけてきたりしているようでなければ、充分たべられます。

 

赤くなってきたピーマンは彩りがユニークなものとみなして料理してみては?

  

色が赤くなってきてしまっただけで、鮮度のよいピーマンは、炒めものに使うと彩りが面白いと思います。

グラデーションになっていて、私は見ていて面白いです(^^)。

 

赤くなってきたピーマンは安く売られていることもあります。

日にちが経って赤くなってしまったものも、鮮度をチェックして、使えそうなところを使えば充分食べられます。

 

野菜炒めや、チンジャオロースーなどにもいいのではないでしょうか。

 

ラタトゥイユなら、この赤くなりつつあるピーマンみたいな彩りの料理なので、あまり気にならないと思います。

 

ピーマンが赤くなってしまっても、腐っていなければ食べられますし、辛くなっているわけではないので、ぜひ食べきっていきましょう(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、赤くなってきてしまったピーマンについてお伝えしました。

とろけている、ねっとりして気持ち悪い、ニオイがある…などでなければ、充分食べられますよ。

 

ピーマンの完熟状態は赤です。

甘みが増していたりして、逆においしく感じることもあります。

唐辛子のように辛くなるわけでもありません。

 

彩りもユニークなのでぜひ活用してみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!