【野菜】「白なす」はおいしい!どんななす?出回る時期は?(とろーり旨なす/揚げてトルコ)

【野菜】「白なす」はおいしい!どんななす?出回る時期は?(とろーり旨なす/揚げてトルコ)

今回は白いなす「白なす」についてお伝えします。

普段は色の濃い紫のなすを見慣れていますので、お店で白いなすはやっぱり目立ちます。

 

実際に食べてみると、肉厚でジューシーでとろっとしており、濃厚でうまみもあります。

とてもおいしいのでおすすめです(^^)/。

<スポンサーリンク>

「白なす」はどんななす?

白い、陶器のような色と質感の、大きめのボリュームのあるなすです。

こちらは「とろ~り旨なす」という品種です。

 

created by Rinker
なすコレ
¥620 (2021/09/21 00:50:37時点 Amazon調べ-詳細)

以前は「揚げてトルコ」という名前でした。

 

「とろーり旨なす」も「揚げてトルコ」も私にはなんとなくおいしさが伝わってきます。

 

なぜ「トルコ」なのかは意味がわからない人もいるかもしれません。

 

 

トルコ料理には「坊さんの気絶」という名前の、かなりおいしいなす料理があるくらい、なすをおいしく食べます。

そういうところからこのネーミングだったのでは、と想像します。

 

2021年に品種名が変わり、現在は「とろ~り旨なす」で販売されています。

 

収穫期は6月から10月なので、他のなすと同じく、出回る時期は夏と言えます。

 

 

<スポンサーリンク>

「白なす」は皮が厚くて身もしっかりしている!!

白なすは色が美しいだけでなく、存在感があります。

重さは、意外と軽いです。

 

皮は厚めです。

皮が厚いことと、身も味がよくねっとりしているので食べごたえがあります。

 

 

今回は、カレーの付け合せで揚げるように炒めました。

どんどん油を吸ってしまいます。

 

かなりのオリーブオイルを使いました。

 

 

旧名に「揚げて」が使われている理由がよくわかります。

 

揚げる、焼く、などの油を使った料理ですと、すごくおいしくなります。

 

揚げ焼きのような料理だと、皮の色もだいぶ変わってしまいました。

 

このなすは、揚げなすだけでなく、煮物や味噌汁でもOKです。

 

漬物にもむいているそうです。

ぬか漬けにして、他の野菜と盛り合わせると涼しげでおいしそうですね。

 

今回は辛いカレーを作って、この揚げ焼きした白なすと一緒に食べました。

厚めの皮は、少々歯ごたえがありますが、中はねっとりとして、濃厚でうまみもあり、かなりおいしいです。

 

また、私が入手した白なすは、ヘタがすこしくったりしてるくらいの、収穫から数日経ってしまっていたものですが、

充分おいしく食べられました。

 

身にハリがあれば大丈夫だと思います。

でもできるだけ早く食べたほうがいいのは確かです。

 

これでトルコ料理の「坊さんの気絶」を作ったら、相当おいしいと思います(^^)/。

 

他には、焼きなす、揚げ浸し、ラタトゥイユなどが食べやすいでしょうね。

麻婆茄子もおすすめです。

 

「とろ~り旨なす」は、農家の直売所やスーパーでまれに見かけます。

出会いがあればぜひ買ってみましょう(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「白なす」(とろ~り旨なす)についてお伝えしました。

揚げなす、漬物、トルコ料理、イタリアン、麻婆茄子などなど、ジャンルを問わず美味しく食べられる、濃厚な味わいのなすです。

 

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!