【果物】国産のマンゴーの旬はいつ?主な産地は?

【果物】国産のマンゴーの旬はいつ?主な産地は?

今回は国産のマンゴーについてお伝えします。

国内産のマンゴーと言えば、宮崎県産の大きなものが毎年ニュースで話題になりますよね。

 

 

国内産マンゴーの主な産地はどこでしょうか。

品種はどのようなものでしょうか。

 

国産マンゴーは大きくてジューシーで甘く、プレゼントにもピッタリのフルーツですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

国産マンゴーの主な品種は?

 

「マンゴー」は、ムクロジ目ウルシ科マンゴー属の植物です。

漆(うるし)の仲間なんですね。

 

古くからインドを中心に栽培されてきました。

 

マンゴーの仲間は何千種類もあると言われています。

国内で販売されているマンゴーは、世界各地の輸入物を含めると複数あり、見た目も多様です。

 

上の写真のマンゴーは、沖縄県産です。

 

日本国内のマンゴーの主な産地は沖縄県、宮崎県、鹿児島県などで、全国の95%を占めています。

 

国産のマンゴーの主な品種は「アーウィン種」です。

写真のマンゴーも「アーウィン種」です。

 

これは「アップルマンゴー」と呼ばれるものの一つです。

熟すと皮が赤くなります。

 

木で完熟させてから収穫されます。

 

国内産ということで、輸送時間が短いですし、検疫の必要がありません。

なので、完熟させてからの流通が可能になります。

 

これは、輸入物のマンゴーとかなり差が出ます。

特に甘さに違いがあります。

 

<スポンサーリンク>

国内産のマンゴーの出回る時期は?

 

国内産のマンゴーの出回る時期は5月から8月です

この時期が、旬と言えます。

 

宮崎県ではもっと早く出荷されているそうですよ。

 

 

国内産のマンゴーはかなり甘くてジューシー!!

国内産のマンゴー、アーウィン種は、完熟してから出荷されることもあり、かなり甘いです。

糖度が高めです。

 

縦に何回か切り分け、さいの目に切ります。

こうすると食べやすいです。

 

 

これだけで完璧なおいしさです。

かなり甘く、多少スジはありますが、ほとんど気になりません。

 

果肉はあざやかなオレンジ色です。

 

身は柔らかく、ジューシーで、上品でとてもいい甘さです。

味も良く、非常においしいです。

 

価格もあまり安くはありませんので、贅沢なフルーツです。

しかし、夏バテ気味な時期に食べますと、とても元気になれました。

 

ごくごくたまーにならいいかな、と思える、とてもおいしい、贅沢なくだものです(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は国内産のマンゴーについてお伝えしました。

国内流通のため、完熟してから輸送できるメリットが充分に活かされた、とてもあまくておいしいフルーツです。

 

贈答品にもピッタリの果物です。

 

甘くてジューシーで栄養価も高い果物です。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!