【モランボン】まいにちベジ「しめじのソテーソース」!アンチョビガーリックの風味が効いてる!!

【モランボン】まいにちベジ「しめじのソテーソース」!アンチョビガーリックの風味が効いてる!!

今回はモランボンの合わせ調味料(レトルト)「まいにちベジ・しめじのソテーソース」についてお伝えします。

なぜこの商品を買ったかというと、とにかくしめじを消費したかったからです(^^)。

 

なんとなく買ってしまったしめじ。

これを早く食べてしまいたい、しかもできるだけシンプルな方法で…。

 

「しめじを食べきるサムシング」がほしい…とスーパーのきのこ売り場に行ったら、これが置いてありました。

”シンプルイズベスト”に感動し、いいタイミングでもあり、速攻購入したソースです(^^)/。

<スポンサーリンク>

モランボン「しめじのソテーソース」はきのこ売り場にあったからこそ出会えた!

スーパーの野菜コーナーでも肉売り場でも魚売り場でも、そこで販売されている食材にあわせた「合わせ調味料」などがたくさん売られています。

常温の合わせ調味料しか置いていないコーナーに行くよりも、ダイレクトに役に立つ調味料に出会える確率が高いです。

 

なので逆パターンで、家にある素材を使って料理したいとき、その食材が売っているコーナーに行くこともよくあります。

 

今回も、この合わせ調味料にきのこ売り場で出会いました。

 

「しめじを使い切ることができる何かがあるはず」…と確信に近い期待で行きました。

 

やはりありました。

しかも「しめじ」と大きく書いてある。

すごく分かりやすい(^^)。

 

パッケージに「しめじ」と大きく書いてあります。

しかもアンチョビガーリックという内容。

 

しめじのアンチョビガーリック味とは、私にはない発想だったし、おいしそうなので、とりあえず食べてみよう!と買いました。

 

何の料理が作りたいかではなく、この材料を使いたい(使い切りたい)!という目的がある人には強く訴えるものがあると思います。

 

 

<スポンサーリンク>

モランボン「しめじのソテーソース」は豚肉や鶏肉はあったほうが良い!!

表面の右上にあるイラスト「炒める→ 入れる」がすごくカンタンでシンプルで分かりやすいです。

あまり料理に慣れていない方に向けて作られたような感じがします。

 

私もそんなに野菜料理が上手いわけではないし、得意ではないので、これくらいシンプルだとすごく嬉しいです。

この商品は「わかりやすさ」が魅力のひとつだと思います。

 

しめじの他に、豚肉が必要です。

これは鶏肉でもOKです。

 

しめじだけでできないか…と思いましたが、アンチョビガーリック味はきっと強いはずなので、

肉とかが無いと味が濃すぎたり、変化が少なくて食べ飽きるのかもしれない、と思い、豚こまを準備しました。

(これは正解でした。)

 

モランボン「しめじのソテーソース」はアンチョビガーリックの味が効いていて新しいおいしさ!!

まずお肉を炒め、しめじをいれて炒めます。

火が通ったら、ここにソースを投入します。

 

ソースはこんな感じです。

みじん切りガーリックと唐辛子が目立っています。

 

色は明るい茶色です。

ガーリックの香りがものすごくしました。

 

よく和えてからお皿に移します。

 

食材には若干絡みづらく、お皿に具材をよそって、さらにスプーンでソースをかけながら食べました。

 

アンチョビガーリックの味が濃厚でした。

 

ふだんはお味噌汁や鍋物、ふつうの炒めものくらいでしかしめじを使わないので、こういう華やかな洋風味付ははじめてでした。

なかなかおいしかったです(^^)/。

 

しめじという食材を使って何か作りたいけど、今まで作っていたものには飽きてるしな…という悩みを抱えながらきのこ売り場に行きましたので、今回は「渡りに船」のソースでした。

 

他にも、エリンギ、まいたけ、なすとピーマン…など、シリーズ化されていてけっこうな数が作られています。

機会があれば他のソースも使ってみようと思います。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はモランボン「まいにちベジ・しめじのソテーソース」についてお伝えしました。

これを使うことで、カンタンにおいしいおかずが出来上がります。

 

created by Rinker
モランボン
¥1,080 (2021/09/20 22:43:29時点 Amazon調べ-詳細)

内容量は2~3人前です。

ほんとにカンタンにできてしまうので、お料理にあまり慣れていない方にもおすすめです。

 

気軽にぱぱっと野菜を使った一品ができるのがこの商品の魅力だと思います(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!