【ラーメン】「サッポロ一番しょうゆ味」!リニューアルされてさらにおいしい!

【ラーメン】「サッポロ一番しょうゆ味」!リニューアルされてさらにおいしい!

今回は「サッポロ一番しょうゆ味」ラーメンについてお伝えします。

発売はなんと1966年です。

前回の東京オリンピックが1964年ですから、ものすごく長い期間販売されているんですよね。

 

(ちなみに、スティービーワンダーのこの曲『太陽のあたる場所』が1966年です。)

 

昨年2020年7月にリニューアルされました。

変わらないおいしさですが、進化し続けていることも伝わってくる、やっぱりおいしいインスタントしょうゆラーメンです(^^)/。

<スポンサーリンク>

「サッポロ一番・しょうゆ味」はコンビニにもほぼ置いている超定番ラーメン!

 

基本のデザインは変わっていないですが、新しくなっている感じもするパッケージです。

 

このラーメンは、たいていのコンビニにおいてあります。

スーパーや量販店では必ず、空気の存在くらいに当然のように販売されています。

 

インスタント袋麺は、コンビニではかなり少数が厳選されて置かれています。

だいたい、5~6種でしょうか。

 

その中に必ずと言っていいほど入っています。

私は、ここが凄いといつも思うのです。

 

コンビニでの価格はメーカーの希望小売価格とほとんど同じ、税抜111円です。

ガーナなどの板チョコと同じくらいの値段です。

 

作り方も、お湯を沸かしてめんを入れ、3分ゆでて、スープを入れてできあがりという、定番の方法です。

 

公式サイトを見ますと、現在真夏なので、”冷やしサッポロ一番”が提案されていました。

 

麺は4分ゆでます。

粉末スープは水200mlで溶かします。

茹でた麺は冷水でしめます。

器に麺を入れて、スープを入れます。

 

ここへお好み具材を乗せる、サッポロ一番を使った冷やし中華風です。

 

おいしそうですが、なんかちょっとめんどくさいです(^_^;)。

私は熱いまま、汗をかきかき食べるほうがいいです。

 

<スポンサーリンク>

暑い真夏でも超オーソドックスな定番サッポロ一番はやっぱりおいしい!

麺とスープと「特製スパイス」、以上です。

シンプルで安心できます。

 

麺もスープも「昔ながら」を守りながらもしっかり進化しているのを感じます。

改良が重ねられているんでしょうね。

 

暑い時期は、冷房の部屋に居がちです。

食欲もあまりわきません。

 

そこに、食べ慣れている超定番のしょうゆラーメンを汗をかきかき食べると、いったん身体があたたまり、スッキリします。

汗をかくのも大事なんですよね。

 

麺ものどごしがよく、クセもなく、スルスルと食べやすいです。

スープは、しょうゆとダシの旨みが効いていて、飽きずに飲むことができます。

 

麺にはしょうゆが練り込まれているそうです。

だからしょうゆベースのスープとかなり馴染んでいます。

 

スープには鶏のダシが効いています。

コクがあります。

そして香味野菜も効かせてあるので、さっぱりもしているし、飲み飽きることがないです。

 

具材も何も入れないで食べるのも、こういうラーメンそのものの味を感じることができるので好きです。

(なんでもシンプルな状態でおいしいものが個人的に好みです。)

 

やっぱり定番のラーメンはおいしいと思います。

長年愛されている商品はそれだけで他と違うんだなと思いました(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「サッポロ一番・しょうゆ味」についてお伝えしました。

50年以上の歴史を持ち、かつコンビニに常時置かれている数少ない袋麺です。

 

created by Rinker
サッポロ一番
¥916 (2021/09/20 22:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

万人受けする、食べやすいラーメンですので、備蓄にもいいと思います。

食べたことがない方はぜひ1度食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!