【ペットボトルのコーヒー】「プレミアムBOSSブラック」ペットがおいしい!(サントリー)

【ペットボトルのコーヒー】「プレミアムBOSSブラック」ペットがおいしい!(サントリー)

今回はサントリー「プレミアムBOSSブラック」ペットボトルについてお伝えします。

「プレミアムBOSSブラック」そのものは、スクリューボトル缶がコンビニで売られています。

 

ペットボトル容器は自販機専用となっているので、自販機のみで買うことができます。

外出時、サントリーの自販機があれば、冷たくておいしいブラックコーヒーが飲めます。

飲みきれなくても、ペットボトルなのでキャップを閉めればバッグに入れてても安心です。

 

利便性とおいしさが兼ね備わっているのが気に入って、私は週1~2くらいで買っています(^^)/。

<スポンサーリンク>

サントリー「プレミアムBOSSブラック」ペットは285mlの小さめサイズ!

 

「プレミアムBOSSブラック」のペットボトルは、285ml入りです。

これくらいの量なら多すぎず、少なすぎず、ちょうどいいかな、と思います。

 

全く同じデザインの「プレミアムBOSSブラック」のスクリュー缶は、よくコンビニで見かけます。

 

スクリュー缶は、フタと本体の間から中身がこぼれることがあります。

スクリュー缶のキャップをしっかり閉めたつもりでも、こぼれることがあるので、カバンには怖くて入れられません(^_^;)。

 

バッグに入れて持ち歩きたい時はペットボトルのほうがいいので、コンビニでもペットボトルタイプを探したことがあるのですが、見つかりませんでした。

 

ペットボトルのタイプは、自販機専用となっています。

なので、ペットボトルの「プレミアムBOSSブラック」が欲しい時は自販機で買うしかありません。

 

金色と、上のコーヒーが波打つような模様のデザインがきれいです。

自販機にならんでいると、オーラがあって目立ちます。

 

私はコーヒーはブラックが好きなので、いつもコレを買ってしまいます。

自販機で買えるブラックコーヒーは後味が良くないものも存在していますが、最近はかなりおいしくなってきていると思います。

 

価格は120円でした。

 

 

<スポンサーリンク>

サントリー「プレミアムBOSSブラック」ペットはコーヒー豆、製法、技術にこだわりがある!

原料は、コーヒー豆と香料のみになっています。

公式サイトを見ますと、この香料は「深煎りコーヒー豆から抽出したコーヒーオイルを加えた」と書いてあるので、このことかと思われます。

 

ペットボトルコーヒーなのに、原料がシンプルなのでうれしいです。

私は市販のコーヒー類に入っている「乳化剤」が苦手なこともあってブラックをよく買うのですが、まさにこのペットボトルコーヒーには入っていません。

 

ブラジルやコロンビアなどの豆もいいものを使い、焙煎方法や製法にもこだわりがあるそうです。

ここらへんは難しいのでよくわかりませんが、飲んだ時にすっきりとして後味も悪くないのは、こういう製法や技術のおかげなんでしょうね。

 

ホットにもコールドにも対応しています。

夏はキリッと冷やして、冬はホットで。

どちらでもおいしいですよ。

 

「香料」と思われるコーヒーオイルも含めて、全て中身はコーヒーのみです。

 

ペットボトルのアイスコーヒーは買ってすぐに飲めるし、よく冷えているからおいしく感じられます。

キリッとした、スッキリしたおいしさがあります。

 

コーヒーは自分で入れるのもおいしいし、カフェや喫茶店で飲むアイスコーヒーもおいしいですよね。

 

そして、自販機のペットボトルのアイスコーヒーも最近は特においしいので、私は便利な時代に生きているなあと思います(^^)/。

 

まだまだこれからもおいしくなっていくのではないかと期待しています。

日本の飲料メーカーはすごいですね!

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はサントリー「プレミアムBOSSブラック」自販機専用ペットボトルについてお伝えしました。

飲み口はスッキリとしており、後味も悪くない、飲みやすくておいしいペットボトルコーヒーです。

 

このペットボトルは自販機専用ですが、缶ならばコンビニや通販で買えます。

機会があればぜひ飲んでみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!