【魚】秋鮭(秋ザケ)の旬はいつ?おいしい食べ方は?(あきあじ/サケ)

【魚】秋鮭(秋ザケ)の旬はいつ?おいしい食べ方は?(あきあじ/サケ)

北海道や東北で主に獲れる「秋鮭」についてお伝えします。

サケ類は色々ありますが、日本国内で昔から食べられている、標準和名「サケ」についてです。

 

海外から入ってくる「サーモン」類にくらべ、脂は控えめです。

しかし秋鮭は、その脂が少ないことを十分に補うくらい、身が柔らかく味わい深くておいしい魚です。

旬の時期にぜひ1度は食べたい鮭です(^^)/。

<スポンサーリンク>

秋鮭(秋ザケ)はどんな魚?

鮭/秋鮭は、サケ目サケ科サケ属の魚です。

標準和名「サケ」といえばこの魚のことを指します。

サケは、本来はこの種のみを言うのです。

 

ギンザケ、ベニザケ、アトランティックサーモン、キングサーモン、サーモントラウトなどは、同じ「サケ科」ですが、種は違います。

 

古代より、日本では食用魚として需要な存在です。

 

このサケは、淡水(川)→海水(太平洋など)→淡水(川)と生息地を変えます。

何年も旅をしてから、故郷の川に帰り、産卵します。

 

初夏に獲れるサケは「時鮭」「トキシラズ」と呼ばれます。

このサケには筋子はありません。

 

夏から秋に帰ってくるサケは産卵期なので、イクラのもととなる筋子、オスなら白子が入っています。

 

要するに、秋鮭とは、海で成長したサケで河川に帰ってくる8月から12月に漁獲されたものです。

 

この時期のサケは身もおいしいのですが、何よりも「筋子」を求める人が多いのも特徴です。

 

また、日本は「サケ」類が好きな人が多く、輸入大国でもあります。

 

サケやサーモン類にどんなものがあるか調べるとすぐに分かります。

サケ類に関して、自分の中の情報を整理しておくのもおすすめですよ(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

秋鮭の旬はいつ?主な産地は?

もはや「サケ」という2文字だけでは大まかすぎてわかりにくいので、「秋鮭」と呼ばれることが多い鮭です。

秋鮭、と書きますから、旬は秋となります。

 

しかし、正確には8月中旬から出回ってきますので、8月から12月が多く出回る時期で、旬といえます。

 

漁獲量が多い時期は、時鮭を除くと、北海道では夏から秋、東北では秋から冬です。

(鮭/秋鮭の主な産地は北海道、岩手、青森、福島などです。)

 

時鮭の時期は春から初夏ですので、「時鮭」が終わったら数ヶ月ほどで「秋鮭」になっていきます。

 

カツオにも「初鰹」と「戻り鰹」があります。

こちらも初鰹の終わりから戻り鰹の始めは、実際は2~3ヶ月くらいしか間が開きません。

鰹や秋鮭については「もう戻ってきたか」「また国産の生鮭が食べられるのか」と嬉しくなります。

 

ただし、イクラに加工できる「すじこ」については、秋鮭のメスからしか取れませんので、すじこが楽しみな人は待ち遠しいでしょうね。

 

秋鮭のおいしい食べ方は?

秋鮭は切り身で売られていることが多いです。

料理のレシピでよく「生鮭」と書かれているのは、この、塩も何も加えられていない、生の鮭のことを指します。

 

王道はやはり「塩焼き」でしょう。

 

秋鮭の皮はとてもおいしいです。

カリッと焼いた皮は、これだけで単独で食べたい、と思うくらい個人的に好きです。

 

身も味わい深いです。

淡白で上品で程よい脂の乗りです。

旨みもあり、塩焼きだけで満足度の高いごちそうになります。

 

バター焼きもおいしいです。

つくづく、バターに合う魚だな、と思います。

 

脂の乗りがほどよく、この魚単独でも別に油分を補う必要は無いです。

しかし、油分との相性がめちゃくちゃいい魚でもあります。

 

フライにしてもかなりおいしいです。

 

和風では、塩焼きだけでなく、味噌に漬けてから焼いたり、「幽庵焼き」にしたりもおすすめです。

各地で独自の料理が色々あるのも、古くから日本人との付き合いが長いからですよね。

 

鍋物、汁物とも相性がいいです。

味噌汁でもいいし、ミルクを使ったスープでもいいし、グラタンやパスタでもおいしいし、和洋どちらでもおいしい料理ができます。

 

干物などの加工品も多いです。

 

筋子から作る「イクラ」は大人気の食材です。

白子も甘辛く煮たりするとおいしいですよ。

 

頭部の一部を使った「氷頭なます」も珍味として有名です。

 

魚の扱いが苦手でも、サケなら扱える人も多いと思います。

食べやすくておいしい魚ですので、これからも活用していきたいですね(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「秋鮭」(標準和名「サケ」)についてお伝えしました。

日本国内で昔から使われてきた、付き合いの長い魚です。

 

8月から12月が最も獲れる時期で、出回る時期です。

塩気が無いので、いろんなお料理ができるのも嬉しいです。

 

クセが少なく、味も良い扱いやすい魚はなかなか無いです。

「魚もたまには食べないとな」と思う方はまずはサケから入ってみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!