【梨】「豊水(ほうすい)」はどんな梨?旬はいつ?主な産地は?

【梨】「豊水(ほうすい)」はどんな梨?旬はいつ?主な産地は?

梨の「豊水(ほうすい)」についてお伝えします。

梨も色々な種類がありますが、豊水は日本各地でたくさん作られ出回っています。

 

甘さがあり、酸味がほどよく、大きすぎず小さすぎず、価格もそこまで高くはならない、買いやすくておいしく食べやすい梨です。

ジューシーで味がよく、残暑が厳しい時期に、とてもおいしく感じる果物ですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

「豊水(ほうすい)」とはどんな梨?

「豊水」は沖縄と北海道を除く各地で広く生産されています。

「幸水」というかなり有名な品種があるのですが、それに次ぐ生産量です。

 

重さは350gから450gほどです。

手のひらにほどよくずっしりとくるような感じです。

 

丸っこい姿をしています。

皮の色は茶色っぽいです。

 

広く親しまれている梨なので、スーパーなどでよく見かけると思います。

 

<スポンサーリンク>

梨の「豊水」の出回る時期や旬はいつ?

「豊水」は8月下旬ごろから出回り始めます。

最も多く出回る時期は9月です。

9月が旬と言えます。

 

だいたい10月初旬まで出回ります。

 

「豊水」の主な産地は?

「幸水」という品種が日本で最も作られている梨です。

 

その次に位置するのがこの「豊水」です。

 

日本国内で生産される和梨の3割近くを、この「豊水」が占めています。

かなり広く親しまれている梨なんですね。

 

上記したように、北海道と沖縄をのぞくすべての都府県で栽培されている、という栽培範囲の広さです。

 

その中でもトップの生産地は、千葉県、茨城県、福島県などです。

スーパーなどでは、多くの産地の豊水が売られていることと思います。

 

 

「豊水」は甘くてジューシーでおいしい!!味が良い!

豊水は果汁が多いです。

糖度が高くなる傾向があります。

 

ジューシーで甘く、味も良い梨です。

 

酸味もほどよくありますので、味のバランスが良いです。

濃厚で味わい深い、たくさん食べたくなるおいしさです。

 

歯ごたえも固すぎず、柔かすぎず、ちょうどいい固さです。

 

梨は買ったらできるだけ早く食べるのをおすすめします。

あまり日にちが経ってしまうと、食感も悪くなってしまいます。

 

とても甘いのですが、甘すぎるということもありません。

深い味わいがあり、濃厚なおいしさがあります。

 

この梨が各地で多く作られているのがわかります。

 

味がよく、酸味がほどよく甘くておいしい梨です。

価格もそこまで高くなったりしないので、買いやすい、ということもあります。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は梨の「豊水」についてお伝えしました。

甘くてジューシー、ほどよい食感の、食べやすくておいしい梨です。

 

多くの地域でたくさん作られているので、手に入りやすい梨でもあります。

特売されていたらいくつか買って思い切り食べたいです(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!