【魚】「マガレイ(真鰈)」はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

【魚】「マガレイ(真鰈)」はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

魚の「マガレイ(真鰈)」についてお伝えします。

カレイ類の中でも古くから人々に親しまれ、利用されているカレイです。

 

カレイ類は近年高級になってきていますが、マガレイは大きいものでなければ1匹数百円ほどで買える、まだまだ比較的買いやすい魚だと思います。

煮付けにするとかなりおいしいので、ぜひ1度食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

マガレイ(真鰈)はどんな魚?

マガレイ(真鰈)は、カレイ目カレイ科の魚です。

カレイ類の中でも、広く親しまれている魚です。

(「カレイ」と言えば、これを指す場合も多いかと思います。)

 

東北から北海道、日本海側に多く見られます。

水深100mほどの海底で、多毛類や甲殻類、小魚などを食べています。

 

体長は50センチほどまでになります。

20センチくらいのものが出回り、安く売られていることが多いです。

 

  

褐色の色をしており、白っぽい斑点があります。

裏面は白く、尾の方に黄色い筋があります。

 

主な産地は北海道や青森、山形、新潟などです。

関東は、北海道や東北からの入荷が多いようです。

 

 

<スポンサーリンク>

マガレイの旬はいつ?

マガレイの産卵期は春から初夏です。

なので、卵付きで利用したい場合は、春から初夏がおすすめです。

 

しかし、身そのものがおいしいのは、秋から春先と言われています。

煮付けや唐揚げ、ムニエルなどに向く、白い身のおいしい魚ですので、おいしく身を食べたい場合は秋から春先がおすすめです。

 

 

マガレイのおいしい食べ方は?

体長20センチくらいの安価なマガレイでも、旬に入ると身がしまっており、なかなか肉厚なものに出会えます。

 

ウロコをウロコ取りで取り、頭は切り落としてワタを出し、流水でよく洗って身を2つに切りました。

 

カレイではポピュラーな食べ方、煮魚にしました。

砂糖・醤油・みりん・酒・しょうがなどを使い、甘辛く煮付けました。

 

身離れがよく、身が細かくなって食べにくい、ということもありません。

ふわふわとしていながら、しっとりとした食感で、非常においしいです。

 

とても味の良いカレイです。

 

他のおすすめ調理法は、塩焼き、ムニエル、唐揚げなどです。

上品な白身で、クセもありませんので、食べやすいです。

 

シンプルな調理法でもかなりおいしい魚ですよ(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「マガレイ(真鰈)」についてお伝えしました。

煮付けや塩焼きでおいしい、クセのない食べやすい魚です。

 

底引き網漁でまとまって獲れる魚ですので、さほど大きくなければ安く売られていることも多いです。

ぜひ気軽に食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!