【くだもの】クリ(栗)の旬はいつ?主な産地は?茹でるとカンタンに食べられる!

【くだもの?】クリ(栗)の旬はいつ?主な産地は?茹でるとカンタンに食べられる!

今回は「クリ(栗)」についてお伝えします。

クリは樹木に実るので、農林水産省の分類ですと「くだもの」になります。

 

はるか縄文時代から食べられているクリです。

日本人にはなじみ深い木の実です。

 

なんと、1万年以上前の縄文人にはクリは「主食」だったそうですよ。

だからなのか「くだもの」と言われると、人々にはなんとなく違和感が出るんでしょうね(^_^;)。

<スポンサーリンク>

クリ(栗)はどんな木の実?

クリは世界中に数多くの種が存在します。

今回は日本のクリである「和栗」についてになります。

 

日本のクリは、ブナ目ブナ科クリ属の植物です。

 

クリの実は、固くてトゲトゲした「イガ」に包まれています。

これをはずした中の実が、スーパーなどで販売されます。

 

イガだけでなく、クリの実の外側には「鬼皮」と呼ばれる、色の濃い、固い皮があります。

さらにその内側に、「渋皮」という、ザラザラした、ベニヤ板の裏側みたいな見た目の皮があります。

 

これらを剥いて、はじめて食べられる中の実が出てきます。

 

クリには西洋栗などがあり、各地で特徴が違っています。

日本国内で生産される「和栗」は、他の国のクリに比べ、粒がかなり大きいです。

 

クリは縄文時代から食べられています。

クリはでんぷんのかたまりで、アクもあまり無いので、縄文人はかなり利用したようです。

「貝塚」ならぬ「クリ塚」も出土するそうですよ。

 

どんぐりよりも扱いやすく、効率よく栄養が獲れるので、住居の近くに栽培していたとも言われています。

稲よりも付き合いが長いんですね(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

クリ(栗)の旬はいつ?主な産地は?

クリの出回る時期は、秋です。

収穫は早くて8月からはじまりますが、多く出回るのは9月から10月です。

 

旬は9月から10月になります。

 

主な産地は、茨城県、熊本県、愛媛県です。

この3県がトップです。

全国の栽培量の4割近くを占めます。

 

クリ(栗)は茹でて割ってスプーンで食べるのがカンタン!

買ってきたクリはできるだけ早く調理してください。

虫がわかないように「燻蒸(くんじょう)処理」などをしていないクリは、虫が中身を食べてしまいます(^_^;)。

 

生のクリの鬼皮を剥きたい時は、その作業の前に一晩くらい水につけると、剥きやすいです。

 

しかしクリを剥くのは大変です。おっくうに感じることもあります(*_*;。

クリの扱いに慣れていない場合は、とりあえず茹でて、割ってスプーンですくいながら食べるのがカンタンです。

 

クリはさっと洗ってから鍋に入れます。

1リットルから2リットルの水に入れます。

 

この水の量は把握しておくと楽です。

この水の量に対し、塩の量を決めるからです。

 

水1リットルに対し、大さじ2分の1の塩を入れます。

塩を入れたら、軽く混ぜます。

ここから火にかけていきます。

 

弱めの中火にかけ、じっくり時間をかけて沸騰させます。

沸騰したら弱火にし、30分から40分、じっくり茹でます。

 

茹で終わったら、火を止めて、そのまま放置してお湯ごと冷まします。

鍋に手をいれられるくらいの温度まで下げます。

 

こうやって冷ましていくことで、湯の中の塩気がクリに少し染み込み、しっとりと仕上がります。

 

茹で上がったクリは、色がやや濃くなります。

 

茹でたクリは「なまもの」です。

すぐに食べきれない場合は冷蔵庫に保管しましょう!

2~3日で食べきるのがおすすめです。

 

茹で栗を食べきれなさそうな場合は、渋皮までむいて、小分けにして冷凍するのがおすすめです。

 

  

茹でたクリに、茹でる時に入れた塩がほんのり感じられ、ホクホク・ポクポクとしてとてもおいしいです。

まさに秋ならではのおやつです。

 

クリはいろんな料理法があります。

街のケーキ屋さんでも腕をふるった様々なクリのお菓子が並ぶ時期で、楽しみな季節でもありますよね(^^)/。

 

  

茹でたクリにちょっと飽きてきた時、大変ですがなんとか渋皮までむき、鶏肉と甘辛く炒め煮しました。

あらかじめ茹でてあったので、鶏肉にしっかり火が通れば安心して食べられます。

 

クリはお菓子だけでなく、栗ご飯や煮物など、しっかりとおかずにも使えます。

食べごたえがあり、お腹がすぐにいっぱいになる「くだもの」です。

 

「和栗」が出回るのは秋の2ヶ月くらいです。

茹でるだけでしたらカンタンですので、ぜひ挑戦してみてください(^^)/。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は日本の「クリ(栗)」についてお伝えしました。

9月から10月が旬の、「くだもの」に分類される、縄文時代からのお付き合いの木の実です。

 

クリが好きな人はとても多いですよね。

まだ自分で扱ったことの無い方は、慣れると自分でかなりおいしいクリが食べられますので、ぜひ挑戦してみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!