【モランボン】「きんぴら春雨」野菜を準備するだけで甘辛のおいしい1品ができる!!

【モランボン】「きんぴら春雨」野菜を準備するだけで甘辛のおいしい1品ができる!!

今回はモランボンの合わせ調味料「きんぴら春雨」についてお伝えします。

毎晩のおかずに悩む毎日ですが、近年では野菜コーナーに行けば各メーカーの合わせ調味料が多種置かれています。

これを使って、メニューに悩むことなく、カンタンにおいしい1品ができるのでとてもありがたいです。

 

メニューを考えるのはけっこう手間だと思います。

自分に特に食べたいものが無いときはなおさらです。

 

便利なキットがたくさん出てますので、どんどん活用したいです(^^)/。

<スポンサーリンク>

モランボン「きんぴら春雨」は野菜売り場にあった!!

この商品に出会ったのはスーパーの野菜売り場でした。

自分に特に食べたいものが思いつかず、家族に聞いても「何でもいいー」と言われて途方にくれていたところでした。

 

ぐるぐるスーパー内を巡っても何も思いつかず、どうしようと思いながら野菜コーナーに進んだ時、これに出会いました。

春雨が大好きだし、ごぼうだけでなく他の野菜でもOKとのことでしたので、すぐコレに決めました。

 

具材入り調味料、春雨が入っていることが分かります。

そして「コク甘」であることも、魅力でした。

調理例の写真を見て「食べたい」と思いました。

 

裏面を見ますと、別にごぼうでなくてもいいことがわかります。

この時はきのこをたくさん食べたくなったので、今回はごぼうやれんこんではなく、きのこメインで作ることに決めました。

 

これで晩ごはんのおかずが決まったのでホッとしました(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

春雨の量もちょうどよくきのこ類をたくさん入れて大満足の1品になった!

中には、「具入り調味料」と春雨が入っています。

裏面のレシピに従って作っていくだけです。

 

具入り調味料には鶏肉が使われています。

こちらが満足するほどにはお肉は入ってないと思うので、「鶏こま肉」も買って足すことにしました。

 

具入りでもいくらかお肉を足すことで、味わいも深まるし満足感もあるのでよくそうしています。

 

  

えのきやぶなしめじのきのこ類、あとは家にあった人参やネギを入れました。

まずはただ炒めるだけです。

 

水と春雨、「具入り調味料」を入れます。

フタをしてしばらく加熱するのではなく、さらに炒める作業をこのまま続けます。

 

春雨が柔らかくなり、汁気がなくなるまで炒め煮詰めていきます。

焦げないように気をつけます。

そうすればできあがりです。

 

春雨はけっこう入っており、満足感がありました。

(もっと多くても大歓迎ですが(^^)/)。

 

これ1品しか作らないと決めていたので、肉も野菜もたくさん入れました。

春雨のおかずが好物なので、パクパク、ズルズルと勢いよく食べきりました。

 

味は甘辛でおいしかったです。

ご飯に合いました。

 

やはり、根菜(ごぼう、れんこん)を想定した作りになっているので、ごぼうとかれんこんのほうが合うのかもしれません。

次はちゃんとごぼう・れんこんを使って作ろうと思います。

 

きんぴら、と言ってもそんなに辛さは感じられませんでした。

辛いのが好きな方は輪切りの唐辛子を、炒める時に加えるといいかもしれないです。

 

甘辛の、おいしい家庭料理、といった味わいでした。

具材に使った野菜と肉の甘み・旨味も春雨に染みていておいしかったです。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はモランボン「きんぴら春雨」についてお伝えしました。

甘辛で、野菜や肉の旨味も感じられたおいしい1品料理になりました。

 

スーパーの野菜コーナーや合わせ調味料コーナーで常温で販売されていることが多いと思います。

よかったら作ってみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!