【カニ】「セコガニ」ってどんなカニ?旬はいつ?おいしい食べ方は?

【カニ】「セコガニ」ってどんなカニ?旬はいつ?おいしい食べ方は?

今回は「セコガニ」についてお伝えします。

セコガニは「ズワイガニ」のメスを指します。

 

禁漁期間があるカニです。

毎年11月上旬に「解禁」され出回ります。

あまり大きくないカニですが、味は非常に濃厚でおいしく、人気があり高級品となっています。

<スポンサーリンク>

セコガニはズワイガニのメス!漁ができる期間は約2ヶ月!!

「越前ガニ」「松葉ガニ」など、ブランドカニで有名な「ズワイガニ」のメスを「セコガニ」と言います。

「セイコガニ」「コガニ」「香箱ガニ」などとも呼ばれます。

 

主に日本海側の北陸地方、京都などで漁獲されます。

 

昔は商業的にそんなに流通はされず、もっぱら「子供のおやつ」だったそうですよ!

味覚がめちゃくちゃ発達しますね(^^)/!!

「こんなの昔は捨ててたよ」という話も聞いたことがあります(これはあくまでもその人の個人的記憶ですm(_ _)m)。

 

ズワイガニはかなり大きいのですが、このセコガニは小さいです。

特に真ん中の甲羅部分は小さく「小顔」なカニです。

 

このカニは禁漁期間が長いです。

繁殖保護のためです。

 

例年、11月上旬からの2ヶ月間が漁ができる期間となっています。

なので、1年のうち「セコガニ」が食べられる期間はこの11月、12月の2ヶ月間だけになります。

 

実際に見ると、結構小さなカニです。

「食べるとこあるの?」とまず思ってしまいます。

 

それでも安くて1ハイ1000円は下らない、高級な食材です。

かなりおいしいカニなので、人気があるんですね。

 

味が非常に良いカニです。

オスのズワイガニよりこちらのファン、という人もいるそうです。

 

コクがあり、旨みが強く濃厚です。

2つの「卵」がポイントで、これを主に楽しむ感じです。

 

 

<スポンサーリンク>

セコガニは「外子(そとこ)」と「内子(ウチコ)」という2種の卵を楽しむカニ!!

ズワイガニのメスであり、漁が許されている時期は卵をたくさん抱えています。

2段階の状態の卵を楽しみます。

 

「外子(そとこ)」と「内子(うちこ)」です。

 

(※茹でてから食べます。)

外子はその名の通り、体の外側にはみ出さんばかりに見えている卵です。

セコガニをひっくりかえしたら、丸い腹からプチプチの小さな卵たちがはみ出しています。

色は黒っぽいです。

 

見た目どおり、プチプチとした食感です。

ご飯ともお酒とも合います。

 

内子は腹の中にある、成熟していない卵が入っている卵巣です。

ねっとりとしており、味が濃厚です。

歯ごたえもあります。

 

濃厚で旨みが凄いですが、さらにカニ味噌と混ぜると凄いことになります。

どれだけ「旨い!」と言えば済むだろうか、といった感じです。

味噌汁やほぐした身と一緒に炊き込みごはんにもできます。

 

全体的に、小さいながらも味が濃厚で非常においしいです。

これが地元では昔子どものおやつだった、というのはすごいですね。

 

やはり小さいカニだし、足は細いのであまり身は無いかもしれません。

しかしそれを補ってあまりある美味しさ、旨さのあるカニです。

 

禁漁期間でも無いと、乱獲の恐れもさもありなん(^_^;)といった感じです。

 

そこそこにありがたくいただき、楽しみたいですね。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「セコガニ」についてお伝えしました。

ズワイガニのメスではありますが、ズワイとは全くの別ジャンル、と言う人もいるカニです。

 

小さいながらも2種の卵、カニ味噌、身、と盛りだくさんの内容に加え、濃厚な味わいとおいしさもある凄いカニです。

通販でも漁のある期間は多数のサイトで販売されています。

ぜひ1度食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!