【合わせ調味料】聘珍樓(へいちんろう)「麻婆豆腐の素」がおいしい!本格的な広東風麻婆豆腐が作れる!

聘珍樓(へいちんろう)「麻婆豆腐の素」がおいしい!本格的な広東風麻婆豆腐が作れる!

今回は「聘珍樓(へいちんろう)」監修の「麻婆豆腐の素」についてお伝えします。

聘珍樓というお店は、横浜の中華街にあります。

創業は130年を超え、日本最古の中華料理店だそうです。

 

この麻婆豆腐の素は「化学調味料無添加」です。

中華料理の合わせ調味料の中では珍しいのではないでしょうか。

簡単に本格的な広東風麻婆豆腐が作れます。

おいしいのでおすすめですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

聘珍樓「麻婆豆腐の素」はスーパーで買える!化学調味料が使われていない!

シンプルなデザインですので、「調理例」の麻婆豆腐の様子がよく分かります。

「麻婆豆腐」という文字も本格的なものを感じます。

 

聘珍樓は老舗中の老舗ですが、そういう歴史のある迫力あるオーラが、こういう合わせ調味料にも出てくるのかもしれません。

 

価格はたしか税込みで300円超えだったと思います。

ちょっとお高いんですよね。

一般のスーパーでの価格でしたので、高級スーパーならもっと高いでしょう。

 

「化学調味料不使用」という文字が輝いて見えます。

化学調味料が入っていないほうが、こういう合わせ調味料は、後味に何も残らないので好きです。

市販されている合わせ調味料で、化学調味料が入っていないものは珍しいと思います。

 

麻婆豆腐には「四川風」とか「広東風」とかがあります。

「広東風」はあまり辛くないイメージです。

(というよりも「四川風」がほんとに辛いんですよね。)

 

この聘珍樓の麻婆豆腐の素は「広東風」です。

四川風よりは辛くないでしょう。

しかし説明に「ピリリとした辛さが広がる」と書かれていますので、ご注意ください。

 

辛いものが好きな人にはおすすめの広東風麻婆豆腐ですね(^^)/。

 

箱の裏に揃える材料が書いてありますので、スーパーでこれを手に材料を買うと便利です。

 

 

<スポンサーリンク>

聘珍樓「麻婆豆腐の素」はピリ辛!豆腐やお肉で甘みが増した!!

「四川風」ですと、花椒など入ってて「シビ辛」なのですが、広東風だからか、花椒や山椒などは入っていません。

「豆板醤」が入っています。

これが、箱の説明にある「ピリリとした辛さ」なのでしょうね。

 

中のレトルトパウチのデザインは上品で、高級老舗感を感じます。

 

 

調理はいたって簡単です。

調味料は調合されていますので、こちらは具材を炒めたり混ぜたりするだけです。

 

調味料の様子は、上の写真のような感じです。

 

豚肉や豆腐、長ネギから甘みが出ていることもあると思いますが、あまり辛さは強く感じませんでした。

とてもおいしいです。

 

化学調味料が使われていないので、口の中に何か後味がしつこく残る、ということもありませんでした。

 

老舗料理店監修だからか、複雑で濃厚な味わいがありました。

歴史を感じるような深い味わいだなあ、と思いながら食べました。

 

とてもおいしい麻婆豆腐ソースだと思いました。

せっかくですので、豆腐やお肉もすこしこだわって、できるだけいいものを使うとよりおいしいですよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は聘珍樓の「麻婆豆腐の素」についてお伝えしました。

本格的な広東風麻婆豆腐がカンタンに作れる合わせ調味料です。

 

一般的なスーパーでも販売されています。

通販でも買うことができます。

 

化学調味料不使用で、老舗の味が再現されています。

機会があれば食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!