【魚】イトヒキアジはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(糸引アジ)

【魚】イトヒキアジはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(糸引アジ)

今回は「イトヒキアジ」についてお伝えします。

漢字では「糸引鯵」と書きます。

 

幼魚の時に、糸をひくように泳ぐのでこの名前がつけられています。

成魚でも背びれや腹ビレに長い糸のようなヒレがあって、見分けがつきます。

 

大きめの体をしていますが、アジの仲間です。

アジの仲間だけあって、とても美味しい魚ですよ(^^)/。

イトヒキアジはどんな魚?

「イトヒキアジ」はアジの仲間です。

胴体に、アジと同じ「ゼイゴ」があります。

 

ひし形に近い体型をしています。

どことなく「ロウニンアジ」に顔が似ています。

 

幼魚の時ほどヒレが長いです。

糸を引いているように見えることから「イトヒキアジ」と名付けられています。

 

幼魚の状態ですと、なかなか流通しないようです。

いわゆる「未利用魚」です。

なかなか難しいのかもしれませんが、えぼ鯛のように、塩焼きでおいしいと思うので、出回るといいですね。

 

  

成魚でも、あまりお店でみかけません。

釣りでのターゲットのほうが有名なのかもしれません。

 

あまり出回らないとしても、お店で買えたり食べられたりするチャンスはあります。

アジの仲間ということもあり、とても美味しいです。

 

「イトヒキアジ」の名前を覚えておき、チャンスがあれば逃さないで食べてみてください(^^)/。

 

イトヒキアジの旬は?

イトヒキアジの旬は、成魚の場合春から夏、幼魚の場合は秋、と言われています。

しかし、秋以降にも見かけることがあります。

 

主な産地は神奈川県、大分県などの九州、和歌山県などです。

太平洋側で穫れやすいようです。

 

大きくても小さくてもおいしいです。

あまり出回らないですが、価格はそこまで高くないです。

お店で見かけた時が買う/食べるチャンスです。

 

イトヒキアジのおいしい食べ方は?

鮮度が良ければ刺し身がおいしいです。

天然モノということもあるのか、味がさっぱりしています。

上品な味です。

 

旨みや甘みが感じられます。

ゆっくりと味わって食べるのをおすすめします。

 

適度な歯ごたえと脂の乗りです。

ねっとりとした食感があります。

 

クセはなく、とても上品な刺し身です。

 

寿司でもおいしいと思います。

 

アジの仲間ですので、塩焼きもおいしいです。

煮付でもいいと思います。

 

切り身は甘辛い味付けで照り焼きもいいと思いますよ(^^)/。

加熱しても固くなりすぎず、パサパサにならないので食べやすいです。

 

アラはなかなか使いづらいでしょうが、いい出汁が出るはずなので、アラ汁もいいと思います。

 

旨みも味わいもとてもいいです。

さすがアジの仲間だと思います。

 

 

さいごに

今回は「イトヒキアジ」についてお伝えしました。

アジの仲間ということもあり、旨みがあり、食感もよく、クセがなく、食べやすい魚です。

 

お店で売られていてもそこまで高くはならないです。

飲食店でお刺身定食などで出るとかなり嬉しいですね。

 

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!