黒姫和漢薬研究所「ルイボスティー」のみやすくておいしい!ホットでもアイスでも!

黒姫和漢薬研究所「ルイボスティー」のみやすくておいしい!ホットでもアイスでも!

今回は黒姫和漢研究所「ルイボスティー」についてお伝えします。

 

「ルイボス」は南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈に自生するマメ科の低木です。

セダルバーグ山脈のみで育つ貴重な植物です。

日本ではかなり有名になってきました。

 

黒姫和漢研究所のルイボスティーは有機JAS認証です。

クセがあまり感じられず、おいしくてのみやすいのでおすすめです(^^)/。

黒姫和漢研究所「ルイボスティー」は使いやすいティーバッグタイプ!!

プレゼントにも喜ばれそうな、上品でナチュラルな印象のパッケージです。

左上に有機JAS認証のマークがあります。

 

ノンカフェインであり、オーガニックである、とても体に優しそうなお茶の雰囲気が出ています。

 

テトラ型のティーバッグが16包入っています。

この商品は生活クラブ生協の店舗で購入しました。

価格は500円ちょっとくらいでした。

 

製造は長野県の「黒姫和漢研究所」です。

 

ホットでもアイスでも飲めるので、3種類の入れ方の説明があります。

 

私は500mlくらいの熱湯でカップで抽出してから、保温性のあるマイボトルに入れています。

夏の場合は冷やしたり氷を入れて飲んだりします。

 

ルイボスティーは長時間の保管がきかないそうです。

確かに味は落ちてしまうし腐敗のおそれもあります。

できるだけ早く飲みきってしまいましょう(^^)/。

 

 

黒姫和漢研究所「ルイボスティー」はクセが少なく飲みやすくておいしい!!

ティーバッグはテトラ型です。

そのままボトルに入れてしまうことができます。

 

私はホットで飲むのが好きですが、真夏ならばやはり冷やして飲んだほうがおいしいです。

 

カップに熱湯500mlほど注ぎ、しばらくおいたら、鮮やかな赤茶色のお茶になります。

香りもそこはかとない感じで、ナチュラルな香りが心地よいです。

 

色などの見た目よりも渋みはほとんど感じられません。

あまり濃くしないほうが個人的に好きです。

 

このルイボスティーはクセが少なく、するすると飲めます。

飲みやすいお茶です。

 

有機栽培でもあることが安心感につながっています。

おいしいし、なんだかホッとする味です。

気分転換にぴったりだし、食事にも合います。

 

ノンカフェインというのもうれしいです。

 

さいごに

今回は黒姫和漢研究所「ルイボスティー」についてお伝えしました。

飲みやすくておいしい、多くの人におすすめできるルイボスティーです。

 

機会があればぜひ飲んでみてください(^^)/。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!