【2023正月】「上生菓子・迎春」がおいしい!冷凍なので食べたい時にマイペースで食べられる!

【2023正月】「上生菓子・迎春」がおいしい!冷凍なので食べたい時にマイペースで食べられる!

今回は佐賀県の「丸きんまんじゅう」製造の冷凍生菓子、「上生菓子・迎春」についてお伝えします。

2022年バージョンです。

 

毎年、干支を表現した和菓子が1個入る、和の楽しいお菓子セットです。

2022年は寅(とら)が入っていました。

 

冷凍の生菓子であることにも驚きですが、1個1個のクオリティの高さにも驚きです。

生活クラブ生協で購入しましたが、Oisixなど、自然食品系宅配でも同様のものが買えるようです。

<スポンサーリンク>

丸きんまんじゅう「上生菓子・迎春」は冷凍食品!!

冷凍食品です。

立派で丈夫な紙箱に入っています。

贈答にもいいような気がしますが、凍っているまま相手のお宅へ持っていくわけにもいかないので、差し上げたい場合は宅急便とかで送るのがいいのかもしれません。

 

フタは白、箱は赤です。

紅白でおめでたくなっています。

 

凍っている状態を撮影しました。

何がなんだかわからない状態のものもあれば、凍っている寅もいます。

今回は何回かに分けて食べたかったので、中身を確認後、また冷凍庫にしまいました。

 

価格は6個入りで税込み1296円です。

(販売形態により若干違います。)

1個あたり216円です。

 

<スポンサーリンク>

丸きんまんじゅう「上生菓子・迎春」は1個で大満足のお茶に合う和菓子!!

1個ずつクリアなケースに入っています。

食べたい個数だけ暖房の効いてない室温(10度~15度くらい?)に出して自然解凍しました。

2時間位で食べられるようになりました。

 

【鶴】

『鶴』です。

羽に顔をうずめている様子が表現されています。

 

もち粉が使われており、外側はもっちりとしていました。

もち粉で作った生地は「雪平生地」だそうです。

 

 

【羽子板】

羽子板が表現されています。

羽つきの羽根、梅の枝があしらわれています。

 

羽子板は羊羹のような食感と味でした。

(寒天が使われています。)

下のピンクの部分はスポンジケーキみたいでした。

 

【お正月】

「お正月」をテーマに表現したものです。

梅の花がかわいらしいです。

黄色い縦のものはよくわかりません(^_^;)。

 

 

【干支寅】

ほっこりするかわいらしいトラです。

食べるのがもったいない気がしますが食べちゃいました。

 

中はこしあんの、ひたすら甘い練りきりのお菓子です。

とてもお茶に合います。

 

このお菓子は毎年の干支がデザインされます。

2023年は兎(卯)ですね。

 

【元日草】

「元日草(がんじつそう)」は福寿草のことです。

黄色い、ポコッとした花が咲きます。

この植物を表現したお菓子です。

 

練りきりよりは柔らかく、甘みが強く、じっくりと食べたいお菓子です。

これも濃く入れたお茶が合います。

 

【亀】

タイトルは「亀」です。

六角形の文様が見えます。

中が白あんのおまんじゅうです。

 

生地は厚めです。

中の白あんが絶妙な食感でおいしいです。

 

このデザインは毎年入っている、定番とも言えるものです。

 

6種とも甘さは強めでお茶にかなり合います。

味わいもよく、じっくりとゆっくりと食べたいお菓子です。

お正月休みにぴったりですね(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は丸きんまんじゅう「上生菓子・迎春」についてお伝えしました。

上品な味でおいしくて甘くお茶に合います。

見た目も楽しい、正月休みにぴったりの、縁起物がそろった和菓子です。

 

他のメーカーになりますが、練りきり和菓子は冷凍食品として通販もさかんです。

 

今回のお菓子も、冷凍食品です。

しっかりとした個包装になっているので、食べたいぶんだけ冷凍庫から出して食べられます。

生協や自然食品系の宅配で販売されています(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!