【チーズ】「キリ・クリームチーズ」がおすすめ!クリーミーでコクのあるおいしさ!(Kiri)

【チーズ】「キリ・クリームチーズ」がおすすめ!クリーミーでコクのあるおいしさ!(Kiri)

今回は「キリ(Kiri)クリームチーズ」についてお伝えします。

四角い個包装の食べやすいタイプです。

 

クリームチーズは容器に入って売られているものがあります。

これはケーキなど料理づくりやスプレッドとして使います。

 

今回のキリのクリームチーズは薄めの四角い形状のものが個包装されていて、つまんでそのまま食べることができます。

 

味がよく濃厚でクリーミーです。

甘みがほんのりあり、塩気や酸味はあまりなく、やさしい味で食べやすいです。

 

軽食にもおやつにもおつまみにもなる使いやすいチーズですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

キリ・クリームチーズはフランスのブランド!

「キリ(Kiri)」は1966年にフランスで発売されたチーズのブランドです。

現在では130カ国で販売されているそうです。

 

独特の丸っこい文字「Kiri」はスーパーのチーズ売り場ではすでにおなじみになっています。

少なくとも我が家の近隣スーパーでのシェアはすごいと思います。

この商品を見ないスーパーは無いからです。

 

フランスのブランドらしい、おしゃれなクラシックな雰囲気もあり、かつ明るさやかわいらしさもあるデザインです。

 

「種類別」は「プロセスチーズ」です。

ナチュラルチーズではないんですね。

 

原産国はフランスですので、フランスで製造され日本に輸入されています。

輸入者は「ベルジャポン」です。

販売は「伊藤ハム」です。

どちらの公式サイトにも「キリ」シリーズのページがあります。

 

写真の容量のものが通常よくスーパーで見かけるものです。

たまに「増量中」というのがあって、それを買うとお得になります。

結構な割合で増量キャンペーンをやっていますよ(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

「キリ・クリームチーズ」はクリーミーでコクがあっておいしい!いいおやつ!!

チョコレートによくあるような、スライド式のケースに入っています。

要冷蔵ですので、箱のまま冷蔵庫にしまい、食べたい時に1個ずつ取り出して食べています。

 

裏のブルーのところをつまんで広げて食べていきます。

 

広げていくと表はこのようになります。

あとは適当に割ったり端から食べていったりします。

 

私は真ん中でパカッと割り、割ったところから口に運んでいく感じです。

 

固くはなく、柔らかいです。

直接手で触ると手に付いてしまいます。

 

濃厚であり、クリーミーです。

コクがあっておいしいです。

クセは無いです。

これが日本人受けするところかもしれません。

 

塩気はあまり感じられず、ほのかな甘さを感じます。

 

おつまみやオードブルにもいいのでしょうが、どちらかというと「おやつ」「軽食」という印象です。

 

キリは1970年代にフランスの子ども達に大ウケしたんだそうです。

その後、その食べやすさ/おいしさから大人にも受け入れられ、世界に広まっていったそうですから、やはり万人受けする「おやつ」の印象を受けるのはさもありなん、ですね。

 

クリームチーズというと、今まではレアチーズケーキに使われる、若干酸味の強い食品、というイメージしかありませんでした。

 

しかし「キリ」のクリームチーズは酸味はさほど強くなく、マイルドでコクのあるところが非常においしく食べやすいです。

万人受けしてヒットし、ロングセラーになっているのはうなずけます(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「キリ・クリームチーズ」ポーションタイプについてお伝えしました。

何かちょっとつまみたい時、小腹が空いた時にもピッタリの、おやつ感覚で食べられるやさしい味のチーズです。

 

created by Rinker
kiri
¥1,690 (2022/05/29 04:45:54時点 Amazon調べ-詳細)

塩気や酸味、風味などは全てマイルドで食べやすいです。

子どもから大人まで楽しめますし、カルシウム補給もできるのが嬉しいです。

 

多くのスーパーなどで扱われており、買いやすいのも魅力です(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!