【魚】クロメバルはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(黒メバル)

【魚】クロメバルはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(黒メバル)

今回は「クロメバル」(黒メバル)についてお伝えします。

 

メバルという魚は、長い間「メバル」という1種にまとめられていました。

しかし2008年から「クロメバル」「アカメバル」「シロメバル」と3種に分かれました。

クロメバルはこのメバル3種のうちの1種です。

 

その名の通り、黒い姿をしています。

クロメバルといえば「煮付け」と連想するくらい、煮付け一辺倒で食べられてきた魚です。

しかし最近は高値がついていることや、流通が発達したこと等で、刺し身でも食べられています。

 

表面は黒いですが、身は白く、固くならないので煮付けがやはりおいしいです(^^)/。

<スポンサーリンク>

クロメバル(黒メバル)はどんな魚?

クロメバルはメバル科メバル属の魚です。

クロメバル・アカメバル・シロメバルは、体色は違いますが、姿は非常に似通っていることもあり「メバル」とまとめて呼ばれていました。

それが、2008年にきちんと3種に分けられました。

 

クロメバルはその名の通り、黒い姿をしています。

メバル類は目がかなり大きくて愛嬌のある顔つきをしていますが、クロメバルもしかりです。

 

  

昔からよく獲れたこともあり、庶民的な魚でした。

メバルといえば、煮付け、というくらい、煮魚で食べられていました。

最近は漁獲量が減ったこともあり、高値がついています。

 

大きさは25センチくらいまでです。

 

<スポンサーリンク>

クロメバルの旬はいつ?主な産地は?

メバルは「春告魚(はるつげうお)」と呼ばれ、春が旬とされていますが、クロメバルの場合は夏とも言われています。

 

メバルは、冬から春が漁の最盛期です。

春先にたくさん穫れるから「春告魚」と呼ばれたのかもしれませんね。

たくさん穫れる時期の春も旬と言えます。

 

たくさん穫れる時期は、高値のつくクロメバルといえども、安くなります。

買いやすい時期に買って食べてみるのがおすすめです(^^)/。

 

よく穫れる地域は神奈川県や千葉県です。

東北地方でも獲れます。

 

クロメバル(黒メバル)のおいしい食べ方は?

クロメバルは、煮付けがおすすめです。

昔から食べられてきた方法は、やはり王道です。

 

上の写真は、エラやワタ、ウロコを取り、飾り包丁をてきとうに入れたものです。

砂糖、醤油、みりん、酒、水、昆布を沸かしたものに投入し、煮汁をかけながら煮付けていきます。

 

ひっくり返すと煮崩れるので、大きなスプーンなどで煮汁をすくって、上身にかけながら煮付けていきます。

7~8分煮たら火を止めて、いったん冷まします。

冷める時に味がしみていくのでこの方法をとっています。

 

created by Rinker
三州 三河みりん 1.8L
¥2,900 (2022/05/29 00:33:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
福来純
¥1,633 (2022/05/29 03:47:45時点 Amazon調べ-詳細)

みりんは「三河みりん」、料理酒は「福来純」が個人的に気に入っています。

 

created by Rinker
日の出
¥825 (2022/05/28 16:25:52時点 Amazon調べ-詳細)

私は煮付けや煮物、照り焼きなどをよくやるので、この日の出料理酒の大きなボトルを使うことも多いです。

 

  

煮汁はたっぷりめで、ほぐした身を汁につけながら食べます。

 

メバルは火を通しても固くならないです。

身離れがよく、胴のあたりは箸で扱いやすいです。

食べやすい魚だと思います。

 

子どもにもこの丸のまま出して、魚を食べる練習になると思いますよ(^^)/。

 

身はホクホクしています。

甘みがあり、とてもおいしいです。

 

今回は大きめの個体ということもあったのか、味が非常に良かったです。

安くてこんなにおいしいのなら、そりゃ(昔の人は)みんな食べるよな、という感じです。

 

刺身もとてもおいしいです。

上品なうまみです。

 

弾力があります。

じわじわとうま味が来ますので、ゆっくり味わうのがおすすめです。

 

他には塩焼きでもおいしいそうです。

煮付けに飽きたら焼いてみるのもいいなと思います。

 

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はクロメバル(黒メバル)についてお伝えしました。

目が大きくてかわいらしい顔つきの魚です。

 

煮付けや刺身、塩焼きがおすすめです。

 

高級魚みたいに言われてますが、鯛や金目鯛などよりは安いと思います。

機会があれば食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!