【魚】イシダイ(石鯛)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

【魚】イシダイ(石鯛)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

今回はイシダイ(石鯛)についてお伝えします。

太い縞のある、見た目に特徴のある魚です。

(大きくなると縞は消えてしまいます。)

 

春から初夏にかけて多く出回る魚です。

刺し身でも焼き魚でも非常においしいです。

 

ぜひお寿司で食べてみたいですね(^^)/。

<スポンサーリンク>

イシダイ(石鯛)はどんな魚?

イシダイ(石鯛)は、スズキ目イシダイ科イシダイ属の魚です。

大きさは50センチくらいまでなります。

 

黒とグレーを貴重とした色合いです。

形はマダイに近いものがあります。

 

タテに太い縞模様があります(魚にとっては横縞です)。

だんだん成長して長く行きていると(老成魚)、この縞は無くなります。

かわりに、口先あたりが黒くなる「クチグロ」 と呼ばれる状態になります。

 

磯釣りではメジナやチヌよりも別格扱いだそうです。

釣れるとかなりテンション上がるでしょうね。

 

釣りの世界ではおなじみであり人気と思われますが、一般のスーパーや小売店ではなかなか見かけません。

 

とてもおいしい魚ですので、もし売られていることがあればぜひ買って食べるのをおすすめします(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

イシダイの旬や主な産地は?

イシダイの主な生息地は、国内では北海道以南の日本海沿岸、瀬戸内海、伊豆諸島から琉球列島などです。

南日本から西日本にかけて漁獲が多いです。

私も長崎産や高知産のものを食べました。

 

旬は春先から初夏です。

春に食べる機会がありましたが、どれもかなりおいしかったです。

脂も乗っていました。

 

イシダイ(石鯛)のおいしい食べ方は?

イシダイのおいしい食べ方はいくつかあります。

まずは刺し身がおいしいです。

(それに関連するような料理、焼き霜造りやカルパッチョもおすすめです。)

 

脂ののりがとても良いです。

独特の風味がありますが、鮮度が良いとそれがとてもいい感じです。

 

上品な旨み、味です。

 

今回は小さめに切って食べてしまいましたが、広く身を取るように切って、酢飯と一緒に食べるのもおいしいだろうと思います。

 

 

  

「クチグロ」と呼ばれる大きめの個体の刺し身は、甘く、食感が良かったです。

やはり、イシダイ特有のものではないかと思われる、独特の風味がありました。

 

小さくてもおいしい魚だと思います。

ファンが多いのもうなづけます。

 

  

頭を2つに割ったものの塩焼きです。

カマの部分の脂ののりはものすごく、味もよく、とてもおいしかったです。

煮付けでもいいかもしれません。

 

身の部分は、塩焼きか照り焼きなどでおいしいと思います。

マダイと同じような料理がいいかもしれません。

 

アラ汁もとてもおいしかったです。

いいダシが出ました。

脂がのっているので、アラからも脂が出て、汁に浮いていました。

 

アラに付いている身を取りながら食べるのもおいしかったです。

具材はネギだけ、というシンプルなものにしてしまいましたが、薄く切った大根などを入れてもいいと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

  

今回はイシダイ(石鯛)についてお伝えしました。

磯釣りの世界ではスター的存在です。

人間から見て太い「縦縞」が特徴のある、1度見たら忘れられないインパクトのある魚です。

created by Rinker
¥1,980 (2022/07/02 04:45:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

小売店で見かけることがなかなか無いですが、全く流通しないわけでもありません。

かなりおいしいので、見かけたらすぐに買いましょう(^^)/。

 

回転寿司でも扱っているお店はあると思います。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!