【魚】イネゴチはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(関連:ワニゴチ)

【魚】イネゴチはどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(関連:ワニゴチ)

(2022年7月13日更新)

今回はイネゴチという魚についてお伝えします。

細長い魚です。

 

身はきれいな白身で、刺し身でもおいしいです。

アクアパッツアなど、洋風料理にも合います。

 

あっさりとした上品な味で、クセもほとんどなくおいしい魚ですよ(^^)/。

イネゴチはどんな魚?

イネゴチはコチ科イネゴチ属の魚です。

コチの仲間です。

 

国内では本州から九州に生息しています。

コチ(マゴチ)は高級魚とされていますが、それよりは安く取引されています。

 

  

神奈川県ではこの魚を「ワニゴチ」と呼ぶ場合があります。

顔つきがワニに似ているからかもしれません。

 

胴体は、いいものですとハリがあります。

この辺りに身がたくさんあります。

 

グレーっぽい色合いに、黒いポチポチがあるのが、イネゴチの特徴です。

 

ホウボウなどと似た体型の、細長い魚です。

 

イネゴチの旬や主な産地は?

イネゴチは本州から九州に棲息しています。

この魚を主に水揚げしている産地は兵庫県や熊本県です。

 

旬は春から夏です。

マゴチも夏のイメージがありますから、時期は一緒のようですね。

 

イネゴチのおいしい食べ方は?

イネゴチは、頭を落としますと、ホウボウとよく似た構造をしています。

腹を切り開けて中のワタを出し、3枚におろしました。

 

今回のイネゴチは活け締めだったこともあり、刺し身にしてみました。

 

透明感のある白身です。

刺し身の場合は、鮮度が重要になります。

これくらい透明感があれば大丈夫です。

 

淡白な味です。

あっさりした中に旨みがあります。

食感はやわらかいです。

 

なかなかおいしいです。

お寿司にして食べてみたいと思いました。

 

  

次は、他の半身とアラを使ってアクアパッツアにしました。

切り身の状態でも、身に透明感があり、水分が多いことがわかります。

 

アサリと一緒にアクアパッツアにしました。

今回はイネゴチだけでは足りなかったので、イサキの身も一緒に煮込んでいます。

 

歩留まりはそんなに良いとは言えない魚ですが、思ったよりも身はありました。

 

にんにくとハーブ、塩こしょう、トマトとオリーブオイルといった他の材料との相性は良かったです。

この魚からもいいダシが出ていたと思います。

 

身離れはよく、パサパサはしませんでした。

おいしいです。

 

クセがなく、上品な味わいです。

アクアパッツアのような料理には合う魚だと思いました。

 

甘辛く煮付けてもおいしいと思います。

背にある棘などをちゃんと外せば、鍋物もいいと思います。

 

刺身はおいしいのですが、個人的には加熱したほうが好きでした。

なので、残りの刺身用は粉をはたいて、唐揚げ風に、多めの油で揚げ焼きにしました。

 

味がよく、揚げることで油分を補う形で食べやすくなり、おいしかったです。

唐揚げに向いていると思いました。

 

イネゴチの卵はおいしいの?

イネゴチは春から初夏にかけて産卵期のようです。

卵はおいしいのでしょうか。

 

卵は、こんな感じです。

助子と同じような感じでした。

 

魚そのものの鮮度がよく、卵そのものがくったりとした感じではなく(ハリがある)、

甘辛く煮るなどして食べれば、イネゴチの卵もおいしいです。

 

甘辛く煮付けて食べました。

調味料は煮魚と同じような、砂糖、しょうゆ、みりん、酒、水です。

 

鮮度がよく、ちょうどいい大きさであったこともあり、食感もよくなかなかおいしかったです。

魚の卵は、粒子が細かいほうがおいしいですね(^^)。

 

 

さいごに

  

今回はイネゴチについてお伝えしました。

グレーと茶色が混ざったような独特の色合いに、黒いポツポツの模様が特徴の、細長い魚です。

 

刺し身は淡白でさっぱりとしておいしく、アクアパッツアなどの洋風料理にも合います。

なかなか流通に乗りにくい魚だそうですが、機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!