【魚】小さい「天然シマアジ」を見つけたらラッキー!めったにできない塩焼きにしてみた!!

【魚】小さい「天然シマアジ」を見つけたらラッキー!めったにできない塩焼きにしてみた!!

今回は「天然シマアジ」についてお伝えします。

シマアジは養殖がさかんな魚で、一般のお店では養殖もののほうが出回っていることが多いと思います。

刺し身で食べることが多い魚です。

 

小さな天然シマアジに出会えたらラッキーではないでしょうか。

シマアジと言えば、養殖で小さめでも1匹5000円以上はする高級魚です。

 

今回入手したのは小さいので1000円もしませんでした。

高価なシマアジではとてもできない、「塩焼き」にしてみました(^^)/。

<スポンサーリンク>

天然シマアジは一見「しょっこ」に似ている!?

小さな天然シマアジです。

これが大きくなった天然シマアジなら、とんでもない高級魚になります。

 

黄色い線や平べったい体つき、色などから、カンパチの子どもの「しょっこ」にどことなく似ており、はじめはしょっこかと思いました。

しかし、ゼイゴがあるところや、しょっこにしては顔つきがなんとなく違いますので、アジの仲間であることがわかってきます。

 

シマアジはアジ科の魚であり、アジの仲間です。

ゼイゴがあるところが、アジの仲間である証拠となります。

 

写真の天然シマアジはまだ小さい若魚です。

形がアーモンド形で均整がとれています。

 

<スポンサーリンク>

刺し身にするには歩留まりがもったいない天然シマアジの若魚なので塩焼きにしました!!

成魚ならば120センチを超えるシマアジです。

 

今回手に入れた天然シマアジはそれと比べるとかなり小さかったです。

大きさは20センチから25センチくらいでした。

 

1匹しかなかったこともあり、シェアするため、2枚おろしにして焼きました。

 

半身を塩焼きにしました。

養殖の成魚はかなり脂がのっていますが、この若魚の塩焼きはなんとなくさっぱりとした仕上がりです。

 

アジの仲間ですから、アジの塩焼きと身質、食感に共通するものがあります。

そして、かなり味が良いです。

 

じわじわとうまみが来ます。

よく噛んで、じっくりと味わいたいおいしさです。

 

小さいながらも味がよく、食感もよく、脂ののりもほどよく上品です。

さすがシマアジ…と感心しながら食べました。

 

小さくてもシマアジはシマアジでした。

刺し身にしてもきっとおいしかったと思います。

 

しかし、多くの場合は刺身用のサクでしか買うことができないシマアジです。

このように半身でもまるごと塩焼きして食べられたのはラッキーだったと思います。

とてもおいしかったです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は小さな天然シマアジについてお伝えしました。

アジの仲間ということもあり、塩焼きはかなりおいしかったです。

 

もしお店で見かけたら買って食べてみてください(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!