【野菜】ルバーブはどんな野菜?時期はいつ?おいしい食べ方は?(ルバーブジャム)

【野菜】ルバーブはどんな野菜?時期はいつ?おいしい食べ方は?(ルバーブジャム)

今回はルバーブという野菜についてお伝えします。

まだまだ日本ではそれほどメジャーではない野菜だと思います。

しかし、時々この野菜の名前は耳にすることがあるでしょう。

 

ルバーブは野菜ではありますが、ジャムにしたりお菓子に使われたりもします。

独特の酸味があり、ペクチンがあるのでジャムにはぴったりです。

 

ジャムもすぐに作れて、思ったよりも簡単にできます。

酸味があっておいしい、独特の味のジャムができます(^^)/。

<スポンサーリンク>

ルバーブはどんな野菜?

ルバーブは緑色の大きな葉、真っ赤な茎(葉柄)が特徴的な野菜です。

まだまだ「海外の野菜」というイメージがあると思います。

 

ルバーブはシベリア原産です。

タデ科の多年草です。

 

食べるのは葉の部分よりも、茎の部分、葉柄を食用とします。

 

北米やヨーロッパで多く生産されている野菜です。

日本では自然食品店や高級スーパーで見かけるかもしれません。

または、たまたまルバーブを作っている農家の直売所とかですね。

 

私は、上記したような、たまたま作っている農家さんの直売で買いました。

 

茎の部分は緑です。

ここが緑色の品種もあるそうですよ。

 

なので、よく写真で見るような赤い葉柄でなくても、品種による緑なのであればおいしく食べられます。

 

<スポンサーリンク>

ルバーブの日本国内で出回る時期(旬)はいつ?

  

ルバーブの収穫時期は、国内では4月から9月です。

私も5月ごろに買いました。

 

初夏から秋の時期に買うことができます。

 

ルバーブのおいしい食べ方は?

ザクザクに刻んだルバーブ

 

ルバーブといえば、ジャムやクランブルタルトが有名です。

created by Rinker
軽井沢 沢屋
¥864 (2022/08/17 22:12:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

サラダにも使えるそうです。

繊維質な食感ですので、ごくごく薄くスライスするのがポイントのようです。

 

私は、やはりジャムにしてみました。

  

適当に1~2センチくらいの大きさに刻みます。

 

いったん水にひたし、軽くアク抜きします。

 

砂糖をまぶします。

私は「素精糖」をつかいました。

 

しばらく置いておくと、水が出てきます。

 

鍋に入れ、火にかけます。

煮立てて、1~2分で柔らかくなってしまいました。

 

形を無くしたかったので若干長めに煮込みました。

広めのバットに拡げ、粗熱を取ります。

 

蓋付き容器に入れて、冷蔵庫で保管しています。

 

形があり、多少歯ごたえがあるほうが望ましいのかもしれませんが、あまり気にせず、気楽に煮込みました。

ほんとうに、あっという間に柔らかくなるのでご注意くださいm(_ _)m。

 

「ジャム」ですから、他のジャムと同じように使っておいしいです。

 

最初は野菜が原料のジャムなんて、慣れてないので不思議な感じがしました。

でも甘酸っぱく仕上がっており、味もおいしいので、パンにもピッタリでした。

 

ヨーグルトにもきっと合うでしょう。

 

野菜のジャムなので、できたてホヤホヤは多少野菜の風味を感じました。

しかし、このおいしさは格別です。

 

ルバーブのジャムに挑戦して良かったと思いました。

 

最近のケーキ屋さんでは、ルバーブの時期になるとお菓子に使って販売しているところもあります。

ジャムは甘酸っぱく、あまりクセも無くおいしいので、ケーキ店などでも見かけたらぜひ食べてみてください(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

  

今回は野菜の「ルバーブ」についてお伝えしました。

肉を食べるのが習慣であるヨーロッパなどで広まったのが理解できる、繊維質の野菜です。

 

created by Rinker
Meichan's Life(メイチャンズライフ)

今回はジャムにしましたが、うすーくスライスして塩をかけ、オリーブオイルで和えたりすると、サラダ感覚で食べられるそうです。

繊維の豊富な野菜ですし、ジャムのおいしさは格別ですので、今後さらに慣れていきたい野菜です(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!