えいこく屋紅茶店「マサラティー(スパイス)」濃厚な味わいの本格マサラティーが飲める!!

えいこく屋紅茶店「マサラティー(スパイス)」濃厚な味わいの本格マサラティーが飲める!!

今回はえいこく屋紅茶店「マサラティー(スパイス)」についてお伝えします。

Amazonで紅茶を調べている時に目に飛び込んできて、惹かれて買ってしまいました。

 

えいこく屋さんは名古屋にある老舗のお店です。

これまで私は全く知りませんでした。

偶然、このような深みのある味わいのおいしい紅茶に出会えました。

 

スパイシーな「マサラティー」は体もあたたまり、口の中もすっきりする感じがして、独特のおいしさがありますよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

えいこく屋「マサラティー(スパイス)」はどんなお茶?

真ん中の人物(仏像?)のイラストが神秘的な味わいのあるパッケージです。

「インドの人々が日常愛飲している味も香りも良いスパイスティー」とあります。

 

えいこく屋紅茶店は名古屋の覚王山にある老舗です。

主に紅茶などを扱っていて、隣ではインドカレーのレストランも営まれており、ホームページを見るとすごくおいしそうな料理ばかりです(^^)。

 

マサラティーというのは、たくさんのスパイスが使われた紅茶だと思います。

インドの人々は「体の冷え・風邪・疲れた時に健康茶として愛飲」しているそうです。

 

確かに、なんとなく体の冷えを感じる時にこれを飲むと効きそう…といつも思います。

 

名称は「スパイスティー」です。

具体的には紅茶の他に、ジンジャー、シナモン、カルダモン、クローブ、ベイリーフ、ブラックペッパーがミックスされています。

 

<スポンサーリンク>

えいこく屋「マサラティー(スパイス)」はスパイシーな紅茶!体があたたまる感じ!!

「ストレートもミルクティーもおいしい」とのことですが、私はストレートで飲んでみました。

 

箱の中身は、銀色の袋が1袋です。

ティーバッグ個包装ではありません。

 

ツブツブに黒っぽくまとまっているのが、チャイ特有の茶葉の形状です。

短時間でもしっかり煮出すことができるよう、インドではこの製法が主流らしいです。

 

初めて見たので、私はちょっとびっくりしました。

 

そんなコロコロと加工された茶葉の中に、いろんなスパイス等が垣間見えています。

 

そして、開封時の香りがとにかくすごいです。

香りからして、日本人のワタシには「スパイシー」です(^^)。

 

ティースプーン1杯強を、300mlの熱湯で入れてみました。

 

  

最初は5分くらいおいてみました。

これはかなり濃く出てしまいました。

 

  

香りは濃厚、味も濃厚、そしてスパイシーです。

 

もっと短めに時間を取って大丈夫だと思いました。

若干長く置いてしまったので、苦味が強くなってしまいました。

 

ちなみに、出がらしがこんな感じです。

なにかに活用できそうな、出がらしとはいえ、まだまだ「ご利益」がありそうな雰囲気です。

 

後日、もうちょっと薄め・短時間でいれてみました。

スパイスの味や香りが楽しめました。

 

箱には抽出法はほとんど書かれていません。

自分なりに色々いれてみて、好みの量や抽出時間を探ってみるのも楽しいです。

 

今までに味わったことのない、濃厚な複雑な味わいのスパイスティーでした。

薬膳紅茶、という言葉も浮かぶくらい、体にも良さそうでした。

 

なんだかちょっと冷えた時、寒い時、逆に夏バテしそうな時、リラックスしたい時、リフレッシュしたい時など、どんどん飲んでみようと思います(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

  

今回はえいこく屋紅茶店「マサラティー(スパイス)」についてお伝えしました。

スパイスが豊富な複雑な味わいは、日本国内の「普通の」紅茶に慣れている自分にははじめはびっくりする味でした。

 

しかし、しだいに、深い味わいと複雑なおいしさがじわじわとクセになってきました。

食事の時や思いついた時、のんびりとマイペースで味わっています。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!