【ワルツ】6月のブレンド「June Blend」がおいしい!時季に合わせたコーヒーシリーズ!(コープデリ)

【ワルツ】6月のブレンド「June Blend」がおいしい!時季に合わせたコーヒーシリーズ!(コープデリ)

今回はワルツの「June Blend」についてお伝えします。

6月に飲むのに合わせたブレンドになっています。

 

この商品は一般のスーパーではなかなかお目にかかれません。

私は生協の宅配「コープデリ」で買いました。

 

月に1回、コープデリでは買うことができます。

その月の気候や味の好みに合わせたブレンドに確かになっていて、飲みやすくておいしいですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

ワルツの月替りのブレンド「ジューン・ブレンド(June Blend)」はどんな商品?

「ワルツ」の月替りのブレンドは、クラフト紙のマチ付き紙袋に入っています。

表面のラベルが毎月変わります。

 

6月はアジサイのイメージの紫色です。

 

「雨音も心地よくなる苦味とコク」と書かれています。

苦味とコクに重点が置かれているようです。

 

あらかじめ「中挽き」になっています。

なのでコーヒーミルが無くても大丈夫です。

 

200g入りです。

「コープデリ」で購入、税抜き850円でした(購入時)。

 

紙袋の中にいきなりコーヒーの粉が入っているわけではありません。

ちゃんとプラスチックの袋に入っていますので、湿気対策は安心です。

 

紙袋のトップには金属のワイヤーが入っていて、閉じることができます。

ワイヤーがあることは知っていたほうがいいと思います(^^)。

 

 

<スポンサーリンク>

ワルツ「ジューン・ブレンド」のブレンド内容は?

原材料のコーヒー豆の原産国は、グァテマラとラオスです。

 

賞味期間は約1年間と思われます。

 

製造者は「ワルツ」です。愛知県豊橋市のメーカーです。

 

ワルツ「ジューン・ブレンド」は6月の気候や人の味の好みに合わせたブレンド!「月替り」は楽しい!!

上の写真は、開封した中身の様子です。

 

6月は関東では梅雨の時期です。

暑さはありますが、それに増して湿気を強く感じる時期です。

 

だんだんさっぱりとしたものが食べたくなりますが、かと言って冷たいものもそうそう食べる感じではないです。

 

ただし、2022年の6月は後半にいきなり「梅雨明け」となり、酷暑が続きました。

そのため、せっかくの「6月ブレンド」ですが、その時はあまり飲めませんでした。

(その時期は別の「水出しコーヒー」ばかり飲みました。)

 

1人前の「コレス」という器具で淹れました。

この器具はコーヒ豆の油分も通してくれるので、素人の私でもなかなかおいしくできます(^^)/。

 

 

色は濃く出ました。

香りは落ち着いています。

 

酸味は抑えられています。

苦味とコクをたしかに感じますが、かといって濃厚すぎるわけでもありません。

 

梅雨のジメッとした時期に飲みやすい、後味のさっぱりとしたものを感じました。

外の雨を眺めながら、ゆっくり、のんびり味わうのもいいですね(^^)。

 

味もよく、おいしいです。

季節、時季に合わせたブレンドは、購入して飲む側にとってはなかなか便利なのではないでしょうか。

 

「おまかせ」「日替わり」とか、何かお店に「おまかせ」して何が出てくるのか、出会いが楽しい、というものに似ています。

私はシンクロや偶然、たまたまなどが好きなので、こういう「おまかせ」系の飲食物はついオーダーしてしまいます。

 

「プロにおまかせして、いいかんじのものが飲みたい」というニーズに応えているブレンドシリーズだと思います。

 

そして、蒸し暑い時期ですので、このコーヒーの半分以上はいったん熱湯で淹れてから、アイスにして飲みました。

スッキリとした味わいで、コクや苦味も楽しめ、飲みやすくおいしいコーヒーでした。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はワルツ「June Blend」についてお伝えしました。

梅雨の時期に合わせた、苦味とコクを味わう、後味の良いブレンドだと思います。

 

月替りシリーズですので、年に1回の企画です。

毎月、その月その月のブレンドが出るようですので、買える時に買って楽しみたいと思います(^^)/。

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!