【キムチ】サンキ(三輝)「ペチュキムチ」がおいしい!本格的なキムチ!!

【キムチ】サンキ(三輝)「ペチュキムチ」がおいしい!本格的なキムチ!!

今回は三輝「ペチュキムチ」についてお伝えします。

「ペチュ」とは韓国語で白菜のことです。

 

あらかじめカットされており、広口のボトルに入っているので開けてすぐに食べられます。

 

25年間変わらない味を保ち続けているという、韓国直輸入の本格派のおいしいキムチですよ(^^)/。

三輝(サンキ)「ペチュキムチ」はどんなキムチ?

「白菜の旨みを生かした ペチュキムチ」と書かれています。

韓国直輸入だそうです。

 

「白菜由来」「植物性乳酸菌」という言葉、そして緑地に真っ赤なハングルがとてもインパクトがあります。

スーパーのキムチコーナーでかなり目立って見えました。

 

原産国は韓国です。

三輝は輸入者です。

 

メインの原材料は「ペチュ」、つまり白菜です。

そのほか、唐辛子などをブレンドした漬け原材料です。

 

唐辛子は、辛味が少なく、甘みとコクがあるものを選んで使っているそうですよ。

 

サンキ「ペチュキムチ」は唐辛子の風味が濃厚な本格的キムチ!!

本格的なキムチは発酵食品なので、賞味期限が近づき発酵が進むほど酸味が強くなってきます。

酸味が苦手な場合は、できるだけ賞味期限から遠いものを選ぶといいでしょう。

 

パッケージに目安が書かれているので参考になります。

 

フタを開けます(開封します)と、唐辛子の粉が膜をはったように上に来ています。

 

下から白菜を持ち上げて上にあった唐辛子粉と混ぜて食べました。

 

発酵させている本格的キムチに慣れてくると、酸味があったほうがおいしく感じるようになりました。

しかしこれは好みがあると思いますので、酸味が気になる場合は、炒めものや鍋物など、料理に使うといいです。

 

サンキの「ペチュキムチ」は発酵からくる酸味とコク、旨みがいいと思いました。

白菜もサクサクとした歯ごたえがあります。

 

発酵しているからこその複雑な味わいがおいしいです。

キムチの本場、韓国直輸入の味は、韓国の唐辛子の旨みと風味があるので好きです。

 

コクと旨味のある唐辛子メインのつけ汁もおいしいです。

余ったら何かの料理に使えそうです。

 

さいごに

  

今回はサンキ(三輝)「ペチュキムチ」についてお伝えしました。

本場韓国から直輸入された、発酵食品ならではのおいしさが感じられるキムチです。

 

シャクシャクとした白菜を噛み締めながら、コクと旨みのあるキムチの味わいを感じます。

ご飯にも合うし、炒めものなど料理にもいいと思います。

 

スーパーなどで買えると思います。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!