【野菜】赤いオクラ!「赤オクラ」は色がきれいでおいしい!(紅オクラ)

【野菜】赤いオクラ!「赤オクラ」は色がきれいでおいしい!(紅オクラ)

今回は赤いオクラ「赤オクラ」についてお伝えします。

「紅オクラ」とも呼ばれます。

 

その名の通り赤いオクラです。

色が赤っぽいだけで、普通のオクラと同じように調理して食べられます。

 

しかし、赤い色は加熱すると消えてしまう運命にあります(^^)。

赤い色を活かしたい場合は生食がおすすめです(^^)/。

「赤オクラ」はどんなオクラ?

赤オクラです。

色が赤茶色、赤銅色、といった感じです。

 

農家の野菜直売所で出会いました。

売り場で非常に目立って見えました。

 

種苗会社が赤いオクラの品種を出しており、いくつか種類があるそうです。

その中の一つです。

 

緑のオクラと組み合わせて、彩りの良いサラダか何かに使えそうです。

 

しかし、この赤っぽい色は「アントシアニン」という物質で、加熱すると消えてしまいます。

 

今回は赤い色を生かして生食と、あえて加熱して食べるのと、両方やってみようと思いました。

 

価格は、普通のオクラよりも若干お高めに値付けされていた印象です。

 

赤オクラの出回る時期はいつ?

赤いオクラ、赤オクラの出回る時期は、普通のオクラと同じです。

 

6月から10月頃です。

オクラは夏野菜なんですね。

 

赤オクラは緑のオクラよりは出回っていませんし、私が買ったのはおそらく露地栽培のものです。

露地栽培のものならば夏の間に出回っています。

 

赤オクラは緑のオクラと同じようにおいしい!!

加熱すると赤い色が消えてしまいますよ、と農家の方に言われましたので、まずは刻んで食べることにしました。

生のオクラはすこし食べにくいところもありますが、今回はあまり気にしないことにしました。

 

赤茶色と中の薄いグリーンの組み合わせがきれいです。

このパターンで風呂敷か何か作るとおしゃれだろうなあ、と思いました。

 

おかか醤油で食べました。

食べた感じは普通のオクラと一緒です。

 

生食なのでどうしても食感は固めです。

普段茹でないでオクラを食べる方は抵抗が無いと思います。

 

この不思議な彩りを楽しみながら食べるオクラでした。

 

赤オクラを炒めてみました!

次は、やっぱり赤い色が消えてしまうのを実際に見てみたいと思い、カレーの付け合せとして、油多めで炒めることにしました。

 

フライパンで加熱し始めますと、あっという間に色が変わります。

赤から一瞬紫に、そして中と同じ薄いグリーンになっていきました。

 

薄く紫の部分もありました。

これですと彩りとしては正直美しくはなくなってしまいました。

 

しかし、鮮度も良かったこともあり、加熱した赤オクラはとてもおいしかったです。

カレーと一緒に食べるとおいしく、ナスなどと同じく夏野菜とカレーは合うと改めて思いました。

 

さいごに

  

今回は「赤オクラ」についてお伝えしました。

赤いオクラです。

 

鮮度が良いと、独特の美しさがあり、しばらく眺めてしまいました。

魅力的な野菜だと思います。

 

 

農家の直売所で買いました。

一般のスーパーではめったに置いてないかもしれませんね。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!