【魚】イシナギ(オオクチイシナギ)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

【魚】イシナギ(オオクチイシナギ)はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?

今回は「イシナギ」という魚についてお伝えします。

あまり有名ではない魚です。

 

切り身で売られることがほとんどです。

本体は非常に大きいです。

 

白身でクセがなく料理しやすくおいしいです。

切り身が売られているのを見たらぜひ買って食べてみてください(^^)/。

イシナギ(オオクチイシナギ)はどんな魚?

「イシナギ」の正式和名は「オオクチイシナギ」です。

確かに口が大きいですね。

 

スズキ目イシナギ科の魚です。

 

丸体ではなかなか見かけることが少ないです。

非常に大きい魚です。

大きいと2メートルにまで達します。

 

流通するときは切り身になることがほとんどです。

イシナギ(オオクチイシナギ)の主な産地や旬は?

イシナギは、日本各地で水揚げされます。

 

しかし多量にあがる魚でもなく、流通は少ないです。

価格は若干お高めです。

 

主な産地は宮城県や三重県などですが、他の地域でも穫れています。

 

旬は秋から春です。

しかし珍しいので、穫れた(入手できた)時が食べ時なような気もします。

 

イシナギのおいしい食べ方は?

  

イシナギは、肝臓にビタミンAが多量に含まれており、肝臓は食べないほうがいいそうです。

市場から入って来る時はワタが抜いてあるようでした(いつもではないかもしれないので注意です)。

 

イシナギは、大きいほうがおいしいと言われています。

 

鮮度が良いと刺身がおいしいそうです。

料理店や寿司店で出していたら速攻注文しようと思います(^^)。

 

今回は切り身を料理することにしました。

血合いの色も美しく、みるからに上品な白身です。

 

皮目もおいしそうです。

こういう感じの皮は、皮と身の間がおいしいことが多いです。

 

今回は軽く塩を降って、フライパンでソテーしました。

両面を焼き、あとはフタをしてしばらく置き、中まで火を通します。

 

ほぐれる身が大きいです。

個体が大きいからかもしれません。

 

身はパサパサとはせず、固まってほぐれるので食べやすいです。

 

脂がのっていました。

味も良く非常においしいです(^^)。

 

上品なうまみです。

やはり、皮がおいしかったです。

皮と身の間は複雑な味わいで非常においしかったです。

 

この魚は鍋物にするとおいしいそうです。

ぜひ食べてみたいです。

 

煮たりするのも合います。

大根と煮たり、煮付けにしてもおいしいです。

 

個人的にはソテーやバター焼きやフライが好きです。

価格は高めですので、ちょっと贅沢ですが…。

 

さいごに

今回は「イシナギ」(オオクチイシナギ)についてお伝えしました。

大型魚であり、高級魚でもあります。

 

切り身で売られていることが多いです。

色は上品な白身で、味もよく、おいしいです。

 

なかなか出回ることがないので、見かけた時がチャンスです。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!