【魚】「オアカムロ」はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(関連:ムロアジ)

【魚】「オアカムロ」はどんな魚?旬はいつ?おいしい食べ方は?(関連:ムロアジ)

今回は「オアカムロ」という魚についてお伝えします。

ムロアジの仲間です。

 

尾が赤いムロアジなので「尾赤ムロ(アジ)」です。

 

クセがなく、惣菜魚として使える魚だと思いますが、あまり出回って無く、知名度も低いです。

脂の乗った時期のオアカムロは、さすがアジの仲間だけあり、非常においしいです。

 

旅先や料理店で出会えそうな魚でもあります。

この魚のことを覚えておいて、チャンスが来たらぜひ食べてみてください(^^)/。

「オアカムロ」はどんな魚?

「オアカムロ」は、アジ科ムロアジ属の魚です。

「くさや」の原料となる魚「ムロアジ」の仲間です。

 

アジ科の魚なので、ちゃんとゼイゴがあります。

体型は紡錘形で、これもアジの仲間である「ツムブリ」にも似ています。

 

体長は35センチくらいまでになります。

 

目は大きいです。

なのでかわいらしく愛嬌がある見た目です。

 

尾びれが赤いのが特徴です。

他のヒレもなんとなく赤いので、うっすらと赤い縁取りがあるような姿をしています。

 

ゼイゴも小さいながらしっかりあります。

これがアジの仲間である証拠ですね。

 

あまり認知度は高くない魚です。

しかしアジと同じように食べれば良い魚なので、扱いは難しくないと思います(^^)。

 

「オアカムロ」の主な産地は?旬はいつ?

「オアカムロ」の主な産地は高知県や静岡県です。

 

旬は秋から春と言われています。

しかし、寒い時期に脂が乗っていることがあり、この脂ののったオアカムロは特においしいとされています。

 

オアカムロのおいしい食べ方は?

オアカムロは、鮮度がよければ刺し身もOKです。

脂がのっていて新鮮ならば、なお刺し身がいいでしょう(^^)。

 

脂が乗っている確率が高いのは寒い時期です。

ぜひこの時期にこの魚に出会ってみたいものです。

 

 

アジ科の魚ですので、煮付けや塩焼きもおいしいです。

 

ムニエルやソテーなど、油を使った料理が食べやすいかもしれません。

 

フライにするのが私はおいしいと思います。

アジフライに負けてないと思いますよ(^^)。

 

さいごに

今回はムロアジの仲間「オアカムロ」についてお伝えしました。

尾が赤く、目が大きいのが特徴です。

 

アジと同じような料理でおいしい魚です。

 

あまり出回らないので、逆にこれに出会ったときに「おいしいの?」と迷うかもしれません。

そんなに高い価格はつかないはずですし、アジと同じようなおいしさがありますのでおすすめです。

 

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!