【魚料理】鮭は白身であることがよく分かる!生鮭はシンプルな料理でもかなりおいしい!(鮭は赤身??)

【魚料理】鮭は白身であることがよく分かる!生鮭はシンプルな料理でもかなりおいしい!(鮭は赤身??)

今回は、みんな大好き「鮭」の身の色についてお伝えします。

鮭、サーモン、シャケ…これらの名前から、あの色鮮やかなオレンジ色の身を誰もが思い出すと思います。

 

しかし、いざ赤身か白身か、となると答えられる人は少なくなるでしょう。

鮭の身は赤身なんでしょうか、白身なんでしょうか?

「鮭」「サーモン」の身の色はオレンジだが、白身なの?赤身なの?

鮭/サーモンの身の色はオレンジに見えます。

子どもに「鮭の身は何色だっけ?」と思い出してもらったら必ずといっていいほど「オレンジ!」とか答えるでしょう。

 

魚というのは「赤身」か「白身」かはたまた「青魚」か、という分類が求められるときがあります。

特に料理をする際に重要になってくる場合があります。

 

鮭は多くの人に知られ、よく食べられている魚ですが、赤身なのか、白身なのか、青魚なのか…。

正直私はほとんど考えたことがありませんでした。

 

結論:鮭は「白身」です!ではあのオレンジの色は何?

結局、鮭の身の色は何に分類されるのでしょうか?

 

結論は、「白身」です。

 

鮭やサーモンと称されている、スーパーで売られている切り身は「白身」に分類されます。

 

オレンジに見える身の色は、エビやカニにも含まれる色素「アスタキサンチン」によるものです。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥1,195 (2022/12/08 19:01:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

魚が「赤身」なのか「白身」なのかは、筋肉の中の血色素の「ミオグロビン」含有量により分類されます。

 

ミオグロビン含有量が多い魚はマグロやカツオ、サバです。かなり身が赤い魚ですよね。

ミオグロビン含有量が少なく「白身」とされる魚は、タイやヒラメ、カレイなどです。

 

なので、サーモンにアスタキサンチンが多く含まれてオレンジや赤に見えても、ミオグロビン含有量が少ないので「白身」と分類されるのです。

鮭/サーモンは「白身魚」なんですね。

 

 

鮭は「白身」なんだなあ、とつくづく思ったことがありました。

 

生鮭の切り身をフライパンでソテーした時です。

焼き出すと、とても白っぽい部分があることに気づきました。

 

特に白いと思ったところを撮影しました。

ここだけでは、鮭を料理してるとはわからなかったりするのではないでしょうか。

 

「鮭は白身である」ということをつくづくと感じた瞬間でした(^^)。

 

生鮭は塩コショウしてソテーするだけでとてもおいしかったです。

魚に味が濃厚にありますので、シンプルな料理で充分ですね。

 

さいごに

今回は鮭は赤身なのか、白身なのかについてお伝えしました。

 

結論は「白身」です。

 

生鮭を買って料理していると、ほんとに白っぽく見える個体に出会うことがあります。

おいしさには何も変わりがないのですが、つくづく、鮭は白身なんだな、と感じる瞬間がありました。

 

機会があれば観察してみてください(^^)/。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!