【レトルト】「国技館カレー」はかなりおいしい!国技館地下食堂の名物!

目次

【レトルト】「国技館カレー」はかなりおいしい!国技館地下食堂の名物!

今回はレトルトの「国技館カレー」についてお伝えします。

これは通販で買うか、国技館に行って買うしかないように思えるのですが、なんと我が家の近所のスーパーにはおいてあります。

 

国技館の地下食堂の名物料理だそうです。

辛さは中辛程度で、手作り感満載の温かみのある、万人受けする食べやすい内容です。

 

ご飯にめちゃくちゃ合う、非常においしいカレーです\(^o^)/。

レトルトカレー「国技館カレー」はどんなカレー?

国技館地下に、日本相撲協会の協会員専用の地下食堂があるそうです。

そこで伝統的に作られているカレーは、相撲協会に関わる全ての人が食べているとのことです。

 

このカレーがおいしく、一般の人にも食べてもらいたいという想いから、国技館のレトルトカレーが作られました。

 

「国技館カレー」というネーミングはインパクトありすぎで引力があります。

 

たくさん買って、棚にこのように本棚みたく立てて置いときたいです。

 

お相撲さんが食べている名物のカレーとあらば、カレー好きの一般人の私も食べたくなるのは当然です。

 

このカレーは最初郵便局で見ました。

あの「アパ社長カレー」と一緒に販売されていました。

created by Rinker
幹事さんの味方! 景品パーク
¥4,980 (2024/04/22 22:06:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみにこの「国技館カレー」のレトルトを作る際、開発者の髙崎親方のインスピレーションは「アパ社長カレー」から来たそうですよ。

 

お肉は豚肉が使われています。

じゃがいもや人参は入っていないみたいです。

 

2022年秋の時点では価格は税抜き400円でした。

しかし物価が上がっている2023年秋はもしかしたら上がっているのかな、、、と予測します。

値上がりしてなければありがたいですね。

 

「国技館カレー」は辛さはほどよく食べやすいお味のとてもおいしいカレー!!

中身のレトルトパックはシンプルです。真っ白です。

 

よく見ると「SUMO」と印字されています。

他の商品と区別しているようです。

(他に相撲協会のカレーで、「北の富士カレー」が存在しています。)

 

湯煎であたため、ご飯にかけていただきました。

 

じゃがいもや人参は入っていません。

ソテーオニオンが使われているので、玉ねぎも溶け切っている感じです。

 

うまみもコクもあり、味に深みがあって非常においしいです。

辛さは中辛程度でしょうか、そんなに辛いとは思いませんでした。

 

異様に福神漬けが合いました。

国技館カレーを食べるときは、今後も福神漬けも準備しておこうと思います。

 

まろやか、なめらか、ほどよい辛さ、お肉もそれなりに入っていてやわらかく、食べやすくおいしいです。

辛いのが大丈夫なら小学生くらいの子どもさんならOKではないかと思います。

 

大人気であるのが納得できる、本当にいい意味で万人受けする味、おいしさです。

 

価格は税込みで400円(今なら400円台後半かもしれません)が、

両国に行っておいしいカレーを食べるつもりで買ってみてもいいなと思います(^^)。

 

さすがお相撲さん向けに作られただけあり、めちゃくちゃご飯がすすんでしまいます。

いつもよりご飯を多めに準備しましょう。

 

さいごに

今回はレトルトの「国技館カレー」についてお伝えしました。

ふだん一般の人は入ることのできない、相撲協会の会員さん専用の食堂の、名物カレーを再現したものです。

 

このカレーはほんとに食べやすくておいしいです。

お相撲さんは一人あたりどれくらい食べるんでしょうね。

 

郵便局で販売されてますし、通販もあります。

私のように近所のスーパーが扱っている場合もあります。

 

もし街で見かけたらぜひ買って食べてみてください\(^o^)/。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!