【UCC上島珈琲】生活クラブの「有機栽培珈琲」(インスタントコーヒー)がおいしい!

【UCC上島珈琲】生活クラブの「有機栽培珈琲」(インスタントコーヒー)がおいしい!

コーヒーは、毎日飲みますか?

ドリップで淹れるのも、インスタントも、それぞれの良さがありますね。

どうせなら、自分がおいしいと思う、お気に入りをいつも飲みたいですよね!

今回は、生活クラブ生協で買える、UCC上島珈琲製造の「有機栽培珈琲」(インスタント)についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

UCC上島珈琲の「有機栽培珈琲」!

「生活クラブ生協」で買うことができます。

こんなパッケージのインスタントコーヒーです。

スタンディングパックで、口はジップ式になっています。

 

アマゾンでも、「生活クラブ」と同じ系列の「生活クラブスピリッツ」でしか扱っていないようです。

UCCと生活クラブで提携し、独自に作っているのかもしれません。

「農薬や化学肥料を使用せず、

堆肥による土作りを3年以上行った農園で栽培。」

とあります。

これが、だいたい「有機栽培」と呼ばれる作物の基本だと思います。

 

「収穫後も燻煙剤、農薬等の化学的合成品の使用・影響を受けていないコーヒーです。」

こういう化学的なものの影響を受けていないことも、食品そのもののもつ味が出やすいのかもしれません。

 

味わいについては、

「コクのある味わい」

とある通り、他のインスタントに比べて深みがあります。

 

<スポンサーリンク>

濃厚だからこその注意ポイント!

濃厚なところが、注意ポイントとも言えます。

いつものインスタントコーヒーの感覚で量を入れると、濃くできてしまうのです。

 

私も、他のインスタントが終わってから、これに切り替えたりすると、うっかりそれまでと同じ量を入れてしまい、

「苦っ!!」

となることがあります。

 

それだけ、内容が濃いのです。

 

濃い、ということは、量が少なくていい、ということになります。

価格としては80gで600円ほどと、ネスカフェのゴールドブレンド辺りと比較すると、そんなに高いわけではありません。

(このコーヒーに、ゴールドブレンドのような「特売」がない、という所が違ってきますが…。)

 

味は、コクがあり、濃厚で深みがありおいしいです。

これをブラックで飲む方は、ストロング好きですね。

私はどちらかというと、アメリカンとか、カフェパウリスタの「森のコーヒー」好きなので、

気をつけて薄目に入れるか、牛乳を入れます。

 

このコーヒーは、カフェオレが、いちばんおすすめです。

私は、朝の目覚めのコーヒーとして、ミルクと砂糖をたっぷり入れて飲むのが習慣になっています。

 

UCC有機栽培珈琲の味は?

袋なので、曲がってしまっていますが、チャートがパッケージにあったので、写真をのせました。

苦み強め、酸味弱めです。

酸味は確かにあまり感じられませんでした。

 

有機栽培のコーヒーは結局おトク?

有機栽培、オーガニック、という方法でできた食品は、概して、味が濃いような気がします。

味が濃いということは、このコーヒーなら、他のものより量が少なくて済む、または、満足度が高くて結果使う量が少なくて済む、ということになります。

 

有機栽培が場合によっては決して高いとは言えないのではないか、と個人的に思う根拠です。

 

また、有機栽培だったり、減農薬だったりするものは、何よりも、作る人の健康が農薬によって害されない、という点も非常にメリットです。

その点からも、できれば有機栽培を使いたい、と思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「生活クラブ生協」で扱っているUCC上島珈琲の、

「有機栽培珈琲」という、インスタントコーヒーをご紹介しました。

 

材料がどんなものであるかは、インスタントコーヒーといえども、きちんと味にあらわれるのだな、と改めて思います。

有機栽培は、食品の本来の味がよく感じられます。

なぜそうなるのかはわかりませんが、非常に興味深くいつも飲んでいます。

 

豆はコロンビア産アラビカコーヒー豆のみ、ということで、混じり気を感じず、満足度が高いです。

とてもおすすめなインスタントコーヒーです。

★関連記事:おいしいインスタントコーヒーには、おいしい東京牛乳がおすすめ!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*