北海道六花亭の「大平原」!バターが口の中で大きくひろがるおいしいマドレーヌ!

北海道六花亭の「大平原」!バターが口の中で大きくひろがるおいしいマドレーヌ!

(2020年9月11日更新)

北海道はおいしいものが多いですよね(^^)。

「六花亭のお菓子」もそのひとつではないでしょうか。

あのお花の包み紙で何かお土産をもらうと、本当にうれしいです(笑)。

CMも「花、花、花~~♪」と歌い続け、十勝の美しい花たちが映し出され、こころ洗われるような気がします。

(包装紙のあのお花たちではないかと思います。)

今回は、六花亭の大平原というマドレーヌについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「大平原」のパッケージがすごい!

 

1枚の絵画が箱になっています。

すごいインパクトです。

今どき、こんな、中身が分からない、お菓子なのか、食べ物が入っているとすら分からないパッケージ。

みなさん、「六花亭のおみやげ」というのが頭に入っているから、お菓子とわかるのですよ!(^^)

 

これを、何も知らないで、「はい」と渡されたら、もう、何のことかわかりません(笑)。

 

このパッケージは、中身に相当な自信と、商品の歴史がなければできないことではないでしょうか!

 

※この箱の絵は、非常に好きです。

北海道の雄大な牧場で働く人が、仕事を終えるひと時なのでしょうか。

美しい夕焼けに、シルエットに映る牧場の様子。

そして、黒沢映画ばりに空に浮かんでいる、筆書きの「大平原」。

もう、昭和の名画のようです。

 

六花亭の文字も、表に出てこない。「○○銘菓」みたいな肩書もない。

「モンドセレクション」とかのバッジもない。

こんなにトッピングがなくて、ずっと売れ続けているお菓子なんて、他にあるでしょうか。

 

私は、このことがまず衝撃でした。

 

娘にも、「何のお菓子なの?」と聞かれ、生協のカタログを見てなんとなく購入しただけの私は、「わからない」としか答えられませんでした。

(批判ではなく、非常に感動をもってこれを書いています。)

中のパッケージもこんな感じです。

牧場のシルエットです。これから、なにかスゴイ映画が始まりそうな雰囲気です。

 

<スポンサーリンク>

「大平原」とは、どんなお菓子?

さて、大平原は、50年ほど前に生まれました。

先代の社長が2年もの歳月をかけて作り上げたお菓子だそうです。

内容物は非常にシンプルだし、「映え」るようなトッピングも、もちろんない。

本当に、なんのてらいも無い。

中も、何も入っていない。

 

でも、これがすごくおいしいんです。

物事の本質をついているようなお菓子です。

バターの香りが、口のなかにバッとひろがります。

ぱさぱさではない、きちんとしっとりとしたスポンジ。

これと牛乳だけで、もう大満足です

6個入りで722円(税抜・コープデリ価格)でしたから、1個120円くらい。

 

 

先代社長が2年もの歳月をかけて作り上げた。

社員さんたちも実は一番好きなお菓子(だとか)。

すごくよくわかります。

 

わかる人にはわかる。

伝わる人には伝わる。

 

そんなお菓子ではないでしょうか。

50年も続いているなんて、すばらしいです。

また買いたいと思います!

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、六花亭というお菓子会社の信念が伝わるようなお菓子、「大平原」をご紹介しました。

パッケージも、お菓子も、絶対に変わらないでいてほしい!

と強く思います。

 

その商品が好きなら、消費者としての私は、買い続け、口コミで広め、手土産なら「大平原」を持っていく…などしか、できることがありませんが、…ネットで見ると、ファンは多いようですね。

六花亭の現社長も、大平原を広めるために、小さい大平原(!)を作って販売したら当たったそうですし。

 

 

どしっと大地に足を付けた、安心安定のお菓子なのでしょう!

シンプルかつものすごくおいしい焼き菓子、というのはそうそうないので、おすすめですよ!

★関連:六花亭のチョコがけいちごをご紹介しています!

★関連:六花亭の最中「ひとつ鍋」!十勝開拓の祖をリスペクト!

★関連:北海道の銘菓!「よいとまけ」!

★関連:北海道のハスカップをふんだんに使ったお菓子!「ハスカップジュエリー」!

★関連:「フィナンシェ」と「マドレーヌ」の違いは?おすすめコンビニフィナンシェも!

★関連:【北海道土産】六花亭の「チョコマロン」がおいしい!おすすめ!

★関連:【2019敬老の日・コープデリ】六花亭「いつまでもお元気で」の中身!!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*