【祝★販売再開】一時販売休止するほどの人気とうまさ!大人気の日清カップヌードル「味噌」!

3度目の正直(らしい)!?今回の日清カップヌードル「味噌」はほんとうにおいしい!

(最終更新:2019年8月31日)

一般的に、「味噌ラーメン」って、ラーメンの味の定番中の定番ですよね。

一方、カップヌードルの定番、と言えるものは今のところ、以下のものでしょうか。

・しょうゆ(最もスタンダードなやつ)

・シーフード

・カレー

味噌味は少なくともここ10年はありませんでした。

しかし、今回新発売された「味噌」味は、「定番」たちに負けないくらいおいしいのです!

定番化も期待される大物新人です。

どんな風においしいのでしょうか?

<スポンサーリンク>

カップヌードルの味噌味は全く初めてではない!

カップヌードルの味噌味は、今までなぜ無かったんだ、とも思いました。

しかし、昔あったような気がしたので調べてみました。

やはり、1992年に、ジェームスブラウンという、大物中の大物を起用したCMをネットで見つけました。

(当時、これはすごいことで、多くの日本人がビックリしました)。

 

「MISO」と、横文字で書かれたパッケージを持って、JBが激しくシャウトしています。

(今聞いても、曲はめちゃくちゃ格好いい…)。

当時の「MISO」味は、洋風だったそうです。洋風ミソスープ、というコンセプトだったのでしょう。

JBを起用するということは、日本の味噌を、海外の人にも食べやすいように仕上げて、世界へ発信していこうという、考え方だったのだと思います。

海外の人に合わせる形ですね。

でも、あまり定着化することはなかったようです。

あとに2代目、3代目が発売されましたが、これも2009年を最後に作られていません。

 

今回の「味噌味」は、今までとは全く違うもの!

さて、今回新発売された「味噌」ですが、CMからしてすごいです。

(※日清の公式動画は無くなってました…残念( ;∀;))

時代は変わりました…キズナアイちゃんです。

ドローンの下に、ホログラムで現れています。

ここで、味噌ヌードルをすすっている、おじさんたちも、いい感じです。

ナレーションで、「今更ながら」と言っていますが、その言葉の意味を考えました。

 

CMを見た時、純粋に、「味噌汁」をコンセプトにしているのだと思いました。

日本人のDNAにしみわたっている、味噌汁。

味噌汁を食べたことのない日本在住の日本人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

ラーメンだって、味噌味は昔からありますよね。

そこから、今回のカップヌードル「味噌」の味の形成を、今一度見直したことが、「今更ながら」という言葉に現れているのではないでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

実際に食べてみました!

販売休止発表(2019年4月11日)より前に、なんとなく購入していたので、食べることができました!

買っといてよかったです!

(※2019年8月26日(月)に無事販売が再開されました!!)

2018年4月に、ミニサイズ限定で先に発売開始されています。

レギュラーサイズ販売の要望も多かったとか。

2019年4月1日に販売されたばかりなのに「おむすびに合うランキング第1位」とはこれいかに?と思いましたが、ミニサイズは先にあったのですね(;^_^A。 知りませんでした。

 

トムヤムクンヌードルのような、後入れの添付調味料は無く、純粋にお湯を注いで3分、でした。

見た目は、とにかく「なんだかおいしそう、良さそう」です。

カップヌードルは、私は食べる前、かならずかき混ぜます。こんな感じです。

新発売とは思えない、なんだか昔からあったような、存在感があります。

 

味は、非常に美味しかったです。

簡単に言うと、「豚汁」です。

3種類の味噌 (麦味噌、赤味噌、白味噌) を使用とのこと。

ブレンド味噌ですね。

赤味噌を使うのは、もう、豚汁を想像すると、美味しくないわけがありません。

ショウガとニンニクでピリッとさせています。

(ここで、七味唐辛子を投入すると、非常にいい感じです。)

後味も、なんにも嫌ではありません。全くの抵抗なく、最後まで飲み干してしまいました。

(ちなみに、赤の定番しょうゆヌードルの汁は、私は残してしまいます。)

 

カップ麺の細かいことはわかりません。

でも、これはたしかに、今までの「MISO」とは全く別ものなんではないでしょうか。

1300年前から続くという味噌の、本来の使い方をきちんと踏襲したうえでの、新しい味の構築。

シニア受けも狙っているところは、1992年の味噌に対する考え方と、かなり違っていると思います。

 

92年は、意識は海外に向かっていた。自分たちの味噌を、海外に合わせようとしていた。

世界ブランドになっていた「カップヌードル」のイメージのままであろうとしたのでしょうか。

かたや、今回の味噌は、本来の味噌の使い方にかなり近いものでありながら、しかし、しっかりとカップヌードルとしての美味しさを追求し、開発している。

私は、今回の「味噌」は、本当に「地に足付いた」感を感じます。

 

だから、正味発売2年目にして、この「定番感」があるのだと思います。

本当においしかったので、また食べたい、と心の底から思いました。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、2019年4月1日にレギュラーサイズで新発売された、日清カップヌードル「味噌」について、お伝えしました。

これは、他の多くの人も言ってますが、定番化しそうですよね。

大型新人登場!の貫禄です。

 

CMの「キズナアイ」ちゃんは、ほとんど知らないも同然だったのですが、やっぱり時代の最先端を行く「タレント」、オーラをすごく感じました。

時代の波に乗っているものは、何にも知らない人間をも惹きつけるのですね。

このCMが、私は大好きです。素晴らしいです。

1日も早く店頭に復活することを、願ってます!

(※2019年8月26日(月)に無事販売が再開されました!!)

 

(※※再発売が意外と早くてよかったです!改めて食べるとやっぱりうまかったです!!(^^)!)

★関連記事:インスタントラーメンについては、「うまかっちゃん」「辛ラーメン」も書いてます。

★関連記事:この「味噌」味カップヌードルには、個人的に、七味唐辛子がおすすめ!

★関連記事:こちらも発売当初に人気でいったん中止になりました!「トムヤムクンヌードル」!

★関連記事:大人気!日清「カップヌードル激辛味噌ビッグ」!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*