求肥(ぎゅうひ)って何?雪見だいふくにも使われているお菓子!

求肥(ぎゅうひ)とは何?何からできているの?何に使われている?

(2020年2月26日更新)

求肥(ぎゅうひ)牛皮とも書きます。

食べ物の名前なのですが、わかりますか?

きっと食べたことがあるはずです。

「牛」という字を使っていますが、お肉ではなく、れっきとした和菓子の用語なのです。

今回は、和菓子の世界には欠かせない、そしてよく使われている「求肥」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

求肥(ぎゅうひ)とは何?

求肥は、お餅に似た、もっちりとした食感の食品です。

これを使用した有名なお菓子は、「雪見だいふく」です。

 

雪見だいふくって、アイスだから冷凍庫にあるはずなのに、良く伸びますよね。

もち米をついたお餅では固くなってしまうので、もちで雪見だいふくを作るのは不可能なことなのです。

 

この商品は、求肥があったからこそ実現したアイスなのです。

(この商品が出た当時(1981年)は、今までこんなお菓子がなかったのでとてもびっくりしました)

 

求肥の作り方は以下の通りです。

もち粉を使用します(白玉粉の場合もある)。

もち粉に水や砂糖を足して火にかけて練ります。(いくつかの製法があります)。

 

大量の砂糖や水あめを使うので、餅がいつまでも固くならないのが特徴です。

その特性は、冷凍状態でも同じなため、「雪見だいふく」にも使われたのです。

 

<スポンサーリンク>

「牛皮」という表記がある理由は?

牛皮の製法は、平安時代に中国から伝わりました。

当時は玄米を使ったので、色が黒っぽくなりました。

そこが牛の皮に似ていたので、「牛皮」と呼ばれました。

だから、「牛皮」の表記のほうが先なのですね。

 

でも、当時の日本は牛や馬を食べてはいけませんでした。

牛を食べることを連想させるため、帝が表記を変えることを命じたと言われています。

そこで「求肥」という表記になりました。

しかし、現在でも「牛皮」という表記でも通用します。

 

求肥を使ったお菓子にはどんなものがあるの?

多く食べられているのは、やっぱり「雪見だいふく」でしょう。

created by Rinker
¥3,250 (2020/09/18 19:45:22時点 楽天市場調べ-詳細)

 

コンビニで見かける「雪苺娘(ゆきいちご)」(山崎パン)もそうですね。

 

ふつうの大福にも使われています。いちご大福などはそうです。

すあま」もありますね。

 

他には、 みつまめ、白玉団子にも入っている、餅のようなものは、求肥です。

福井県の有名なお菓子「羽二重餅」は、求肥の作り方と同じだそうです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「求肥(ぎゅうひ)」とはどんなものなのか、どうやって作られているのか、どういうお菓子に使われているのか、などについてお伝えしました。

 

ぎゅうひ、という響きが、もう「牛」を連想させて、私などは、和菓子用語なのになんでだろう?といつも疑問に思っていました。

中国より渡来した平安時代は玄米を使っていて、牛の皮みたいだったから、というのは、調べないとわからないことでした。

平安時代からあるのなら、求肥は和菓子の中でもかなり歴史のあるお菓子ですね。

 

おもちだと、すぐに固くなりますが、求肥なら砂糖を加えることなどの理由で、いつまでももっちり感が保てます。

求肥じたいに甘みがありますし、柔らかさが保たれてるので、和菓子の世界では重宝され、非常に多くのお菓子に使われているようです。

なので、和菓子やお菓子を食べていて、もちっとするものがあれば、それはたいてい「求肥」かもしれません。

 

★関連記事:餡のかたまりの中に求肥が入っているのが意外でおいしい!山形の「古鏡」!

★関連記事:シンプルな甘さでもっちりおいしい「すあま」!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*