コーヒーに合うおいしいチョコ菓子!グリコの「ビッテ・ラム&レーズン」!

コーヒーに合うおいしいチョコ菓子!グリコの「ビッテ・ラム&レーズン」!

コーヒーにビッテ」というフレーズでおなじみのグリコのビッテ」。

コーヒー好きでもあり、チョコレートが好物の私にとってはとても魅力的な言葉です。

ミルクチョコやダークチョコのイメージが強い「ビッテ」ですが、2018年9月25日に「ラム&レーズン」が発売されました。

なんとホワイトチョコを使用した「ビッテ」です。

どんなお菓子なんでしょうか?

<スポンサーリンク>

「ビッテ」はコーヒー好きとチョコ好きである人をターゲットにしている?!

「ビッテ」はずいぶん前から、「コーヒーにビッテ」というフレーズで販売されています。

もちろん、紅茶でも、ミルクでも、日本茶(グリーンティー)でも、なんなら水でも合います。

(もしかしたら、ワインやブランデー、ウイスキーとかにも合うかもしれない。)

 

しかし、有名なバリスタの方の熱心な推薦コメントが、箱の裏に印刷されているくらい、「コーヒーと一緒に」推しなんですよね。

コーヒーもチョコも好きな人には非常に魅力的に感じます。

「チョコ好きのコーヒー好き」な人、「コーヒーに合うおいしい焼き菓子を求めている人」がターゲットなのでしょうか。

上のようにターゲットを仮定するなら、まさに私がそのような人ですので(^^)/

 

このお菓子そのものは、内容がしっかりして、ひとつひとつが重厚感があり、おいしいので、満足度が高いです。

子どもから大人まで楽しめる、「ちょっとぜいたくな」お菓子ですよね。

6枚入りで260円ほどと、なかなかいいお値段です。

 

<スポンサーリンク>

今回の「ビッテ・ラム&レーズン」は箱・パッケージもきれい!

ダークやミルクチョコイメージの「ビッテ」でしたので、ブラウンやゴールドの色の印象が強いです。

しかし、今回はなんと紫です。ラムレーズンのイメージを強く出しているのでしょうね。

(「アルコール分0.1%以下」「ラム香料・レーズン香料使用」「ラム酒漬けレーズン0.6%使用」など、アルコールを含む材料を使っていることが明記されています)

紫、白、金、といった色合いで、お菓子コーナーではかなり目立つ存在です。

トップバリスタ横山千尋さんの、熱心な推奨文が掲載されています。

「コーヒーを知り尽くした私が自信を持っておすすめします」とのこと。

個包装のパッケージも紫とクリーム色を基調にしたきれいなものです。

 

「ビッテ・ラム&レーズン」の構造は?

「ビッテ」の特徴は、存在感とボリュームのある「ビスケット」にあると思います。

今回のビスケットにはラムレーズンが入っています。

コーティングするチョコレートは、ラムレーズンが含まれたホワイトチョコレートです。

(パッケージの「ビッテ」の写真の、ホワイトチョコの部分にところどころ見える「粒」は「ラムレーズン」の細かい粒なのでしょう。なんか「美人のホクロ」みたいです(^^))

きれいなコーティングです。うっすらと分厚いビスケットが見えているのがまたいいです。

パッケージ写真にある通り、中はココアクリームです。これにはラムレーズンは入っていないようです。

手に持つと、結構「重い」お菓子です。

 

お味は?冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめ!

食感は、ますサクッとしています。

ポロポロこぼれやすいのでお皿の上でどうぞ。

ビスケットが分厚いですし、コーティングのホワイトチョコもしっかりしているので、それだけで味が濃厚です。

ココアクリームが逆によく分かりませんでした。

それだけ、ラムレーズンの味や風味を強く感じます。

これはあくまでも「風味」であって、アルコールの濃さはさほどではないはずです。

レーズンの大きな粒は入っていません。

 

レーズンサンド」というお菓子がありますが、これが冷やすとおいしいのです。

同じように、このビッテも、冷やすとラムレーズンの風味の強さがほどよく抑えられるのか、おいしく感じます。

冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめです。

 

私はカフェパウリスタのコーヒーを淹れて飲みました。確かに合いますよ。

午後の、ちょっと疲れが出てくる時間帯にピッタリだと思います。

ミルクたっぷりのインスタントコーヒーとかもいいですね。アメリカンにもOKだと思います。

 

ビッテ1個がボリュームがありますので、1度に食べられる量は、コーヒー1杯につき、2個が限界でした。

1個でも充分かもしれません。

こういうお菓子のほうが、食べすぎなくていいのかもしれないですね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、コーヒーに合う「ビッテ」の「ラム&レーズン」をご紹介しました。

2018年の秋に発売され、2019年5月現在も買うことができます。

特に発売の期限は決まっていないのでしょうか。しばらくは販売してほしいです。!(^^)!

 

ラムレーズンを使っていますが、「レーズンサンド」とはまた違ったものでした。

あくまでも、「ビッテのラムレーズン」という味と食感です。

コーヒーに合うことにこだわっているのがよくわかりました。

★関連記事:ファミマのレーズンサンドがおいしい!

★関連記事:「カフェパウリスタ」のおすすめのコーヒーをご紹介しています!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*