金沢の奥深い文化と歴史を感じる!美しくておいしい和菓子「万葉(抹茶)」!

金沢の奥深い文化と歴史を感じる!美しくておいしい和菓子「万葉(抹茶)」!

金沢は「加賀百万石」時代からの文化と歴史がとても深い街ですよね。

そんな伝統を重んじ、金沢独特の文化を、令和の現代も受け継いでいる和菓子屋さんは多く存在します。

そのうちの1軒、和菓子村上(村上製菓所)」の「万葉(抹茶)」をご紹介します!

<スポンサーリンク>

和菓子村上の「万葉(抹茶)」はこんなお菓子です!

万葉」は餡の練り菓子(ねりがし)です。

和菓子村上(村上製菓所)」は創業明治44年(1911)年。100年を超えています。

伝統ある老舗の、熟練した職人が、餡を丁寧に練り上げる製法をずっと続けています。

(※今回は、「コープデリ」という生協の宅配で購入したもののご紹介です。)

4個入りで500円(税抜)。※「コープデリ」での価格です。

何か昔の「絵巻物」が入っているのか、というような和風のクラシックな外箱です。

このようなお菓子の特徴は、とにかく持った時の「ずっしり」感です。

4個のお菓子とともに、このようなカードが入っています。

手を抜かず、楽をせず、当たり前のことを当たり前にやる」という精神を受け継ぎ、作られていることが語られています。

桃色と白の淡くて上品な包装紙を開けると、このようなお菓子が出てきます。

金箔が通常は載っているようですが、今回は載っていませんでした。(理由はよくわかりません)。

練り餡」ということで、ほろほろ崩れる恐れがありますので、半分に切ってみました。

黒文字楊枝」などで、切りながらいただくのがいいですね。

 

北海道産小豆を厳選して使用。伝統の熟練技術で練り上げたお菓子です。

一口食べますと、上品な甘さと、素材のうまさが広がります。

口当たりは滑らかで柔らかく、非常に心地がいいです。

 

素材がギュッと凝縮されているお菓子です。

急いで食べてしまうのは非常にもったいなく、ゆっくり味わっていただきたいお菓子です。

(お菓子に入っているカードにも「ぜひ、やわやわ(ゆっくり)とお楽しみください。」と書いてあります。)

ちゃんとお抹茶を点てて、いただきたいなあ…と思いました。

 

<スポンサーリンク>

和菓子村上の「万葉(抹茶)」はどこで買える?

金沢市にある本店等だけでなく、伊豆にも店舗があり、東京や大阪の一部デパートにも置かれています。

「村上製菓所」のHP(オンラインショップ)から注文できますし、電話やFAXでも受け付けているそうです。

また、私のように、生協のカタログに載る場合があり、生協で買えることもあります(不定期ですが…)。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、金沢市の老舗「和菓子村上」の「万葉(抹茶)」をご紹介しました。

内容がギュッと濃縮したような和菓子です。

そのせいか、一口食べると、目をつぶってじっくり味わいたくなります。

抹茶と餡の深い味、伝統の技術を感じる奥深いお菓子です。

金沢みやげにはピッタリだと思います。

機会があればぜひ食べてみてください!

★関連記事:山形みやげに!伝統の粒あんに砂糖のコーティングがおいしい「古鏡」!

★関連記事:静岡のおいしくてちょっと変わった伝統のお菓子!「黒大奴(くろやっこ)」!

★関連記事:大宰府の「梅が枝餅」はおいしい!

★関連記事:おいしい伝統のお砂糖!「和三盆」がおすすめ!

★関連記事:和菓子は冷凍できる!和菓子の冷凍食品は便利!「冷凍和菓子」のすすめ!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*