塩と海苔の味が際立っておいしい!湖池屋「KOIKEYA PRIDE POTATO本格濃厚のり塩」!

塩と海苔にこだわっているから味が深くておいしい!湖池屋「PRIDE POTATO本格濃厚のり塩」!

湖池屋が2017年から力を入れている「PRIDE POTATO」シリーズ。

2019年4月にリニューアル発売された、「本格濃厚のり塩」がとてもおいしかったのでご紹介します!

素材にこだわり、うまみ調味料や香料は無添加だそうです。

どんなポテトチップスなのでしょうか!

<スポンサーリンク>

湖池屋「PRIDE POTATO本格濃厚のり塩」はこんなポテチです!

このようなパッケージデザインです。

価格は「コープデリ」で税抜148円。60g入りです。

オープン価格なので、お店によってはもっと安いです。

調べると、ヨーカドーのネットスーパーでは、なんと98円(税抜。2019年6月現在)でした。

(今回はコープデリの場合は高かったですね(;^_^A)

マチのついた袋なので、両脇も上のようなデザイン部分と、もう片方は原材料や内容量などの表記スペースとして使われています。

スタンディングパックなので、立てられる包装です。

裏も、「のれん」や「高級料理人」の写真を使用、また「無添加」の文字が大きく出ていて、「いままでのポテチとは違うんだよ!」というメッセージを強く感じます。

 

(※メーカーにとっては、大量生産するものを化学調味料無添加で作るのは労力もかかり、たいへんなことでしょうね(;^ω^))

 

<スポンサーリンク>

「本格濃厚のり塩」を食べてみました!

何枚かお皿に出してみました。

のり塩がたくさんかかっていて、袋の内側にもたくさんついてしまっているくらいでした。

 

●海苔の風味がすごい!

口にいれると、海苔の香りが濃厚です。かなり海苔多めだと思います。

「焼き海苔」「あおさ」「青のり」の3種類を使っているそうです。

だからひとことで「海苔の香り」と言っても、それぞれ違った海苔の香りと味がするので、口の中に立体的に海苔の香りが広がるのですね。

 

ここ最近、海苔の原料不足のニュースを見聞きします。

個人的には、「海苔不足の中、大丈夫なの?…(;^ω^)」とも思います。

そんな貴重な海苔をふんだんに使っているのはすごいですよね。

 

●塩味が濃くておいしい!

「塩」についてですが、「焼塩」「藻塩」「平釜炊きの塩」という、3種類の塩を使っています。

いずれも、製法の違いを表した言葉ですが、味も食感も違ってきます。

ここでもただ「塩味が濃い」「しょっぱい」のではなく、塩のもつ、それぞれの味が活き、ブレンドされて、複雑な味わいになっています。

 

●唐辛子や日高昆布を使用している!

以上のように、海苔のブレンド、塩の複数使いに加え、塩に唐辛子が加えられ、味がひきしめられています。

また、日高昆布で味に深みを出しており、トータルでは、立体的で、奥行きのある、複雑な味になっています。

ただ「味が濃い」というのではおいしいとは思えないですよね。

国産じゃがいも100%のおいしさ、海苔のおいしさ、塩のおいしさ、唐辛子と日高昆布のアクセント的使用、すべての材料の特長が活きるような「調合」の末に出来上がっている味です。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、湖池屋の「KOIKEYA PRIDE POTATO本格濃厚のり塩」ポテトチップスをご紹介しました。

海苔と塩、という昔からあるフレーバーですが、うまみ調味料や香料を使わずに、ここまで濃厚な味付けができているのがすごいと思います。

湖池屋さんの、このポテチにかける「プライド」を確かに感じました。

 

1袋60gなので、内容量は決して多いとは言えません。

「オープン価格」なので、お安く入手することは可能ですので、物足りない場合は、他のフレーバーも一緒に買って、食べ比べてみるのも楽しいと思います。

 

「のり塩フレーバー」というのは一見シンプルです。

それをここまでクオリティー高く、おいしくできるのは逆に高度なことなのだな、と思いました。

★関連記事:原材料にもこだわったおいしいポテチについてはこちら!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*