スタバの「コールドブリューコーヒー」がおいしい!「コールドブリューライム」も!

暑い夏におすすめ!スタバの「コールドブリューコーヒー」と「コールドブリューライム」がおいしい!

夏になるとよく飲むのが「アイスコーヒー」ですよね。

スタバに行くと、「アイスコーヒー」(「ホット」か「アイス」のチョイス)がありますが、これとは別に、「コールドブリューコーヒー」というものがあります。

コールドブリュー」ってどんなコーヒーなんでしょうか?

「アイスコーヒー」と何がちがうのでしょうか?

 

今回は、スタバの「コールドブリュー」についてお伝えします。

またその姉妹品「コールドブリューライム」についてもお伝えします!

<スポンサーリンク>

「コールドブリューコーヒー」とは?「アイスコーヒー」との違いは?

コールドブリュー」は、コーヒーの淹れ方の一種です。

コーヒー豆に熱を加えずに、長い時間をかけてゆっくりと水で抽出する方法です。

(※「水だしコーヒー」「ダッチコーヒー」という言葉が昔から日本にはありますが、使用する豆、抽出器具、客へ提供する方法、各手法の名前が発生した背景まで、すべて考慮すると、「厳密には違う」(;^_^Aのです。しかし、コーヒー豆を、お湯ではなく、水によって抽出する、という点に関しては同じになります。)

 

スタバの説明は以下の通りです。

「熱を加えずに14時間かけてゆっくりと水で抽出したコールドブリュー コーヒー。

香り高い風味が引き出されるよう、特別にブレンド、ローストしたコーヒー豆を使用しています。」

(※スタバは他に、「ナイトロコールドブリューコーヒー」という、「コールドブリューコーヒー」に窒素ガスを加えた、珍しいコールドブリューコーヒーを一部販売しています。)

 

気になるのは「アイスコーヒー」との違いです。

「アイスコーヒー」というのは、いったんホットで淹れたコーヒーを、氷を入れたグラスに注いで冷たくして提供するものです。

ホットコーヒーを冷やしたものが「アイスコーヒー」なんですね。

 

手法の違いをまとめますと、以下の通りです。

・アイスコーヒー:熱湯で淹れたホットコーヒーを氷や冷蔵庫で冷やして飲むものもとは熱いコーヒー。

・コールドブリュー:コーヒー豆をに入れ、長時間(スタバは14時間)かけてゆっくり抽出するもの。出来上がりからして冷たい。

 

日本茶にもこの手法がありますよね。

アイスコーヒーは、いったんホットで淹れたコーヒーを氷の入ってるグラスに注ぐなどします。

そこで、コーヒーが冷たくなるまでに、氷も溶けますから、どうしても味が薄くなります。

 

いっぽう、コールドブリューコーヒーは、正式には「氷水」で抽出するくらいですから、出来上がった当初から冷たいのです。

 

この抽出法で何がいちばん違ってくるかというと、「味」に出てきます。

アイスコーヒーは氷で薄くなる前提ですから、濃く淹れないといけません。

そうすると、苦みや酸味、渋みが強くなります。

なので、ブラックで飲む人よりも、ミルクやガムシロを使う人の方が多くなります。

 

コールドブリューの方法で淹れますと、その苦み、酸味、渋みが抑えられた状態で飲めます。

低温抽出は、苦みや酸味、渋みがあまり出ないそうなのです。

また、氷で薄くなる心配があまりないです(店で提供される時に入ってる氷が溶ければ、もちろん味は薄まります(;^ω^))。

 

味の違いについてまとめますと、以下の通りです。

・アイスコーヒー:濃い目に淹れる必要があるので、渋み、苦み、酸味が強くなる傾向

・コールドブリューコーヒー:濃い目に淹れる必要が無い。熱による渋み、苦み、酸味の出すぎが抑えられる。

 

<スポンサーリンク>

アイスコーヒーが苦くて苦手でも、「コールドブリュー」なら飲めるかも!

私は、コーヒーはブラックが好きですが、アイスコーヒーとなると、飲める時と飲めない時があります。

やっぱり、「苦み」を感じてしまうと、そのまま飲むのは辛いです。

 

しかし、コールドブリューなら、アイスコーヒーより苦くないので、するすると、抵抗なく飲めてしまいます。

手間がかかるので、スタバでも若干、コールドブリューのほうが価格が高いですが、満足度は、その差額を超えるくらいに個人的には感じてます。

夏は、スタバで飲む機会があれば何度も飲んでいます。

 

ライムが入るとさらにおいしい!スタバの「コールドブリューライム」!

水から丁寧に抽出され、苦みも酸味も渋みも押さえられた飲みやすい「コールドブリュー」ですが、これに「ライム」を加えた、フレーバーコーヒーがあります。

コールドブリューライム」という名前で販売されています。

スタバの説明によりますと、「『グリーンコーヒー(コーヒーの生豆)』由来のカフェインと、ライムフレーバーを合わせ、ドライライムを添えました」とのことです。

上の写真のように、カップの下の方に、透明の液体が溜まってるのが分かると思いますが、それがライムフレーバーではないかと思います。

 

ドライライムが載っています。

「コールドブリューライム」は、出来立ての一口目が最もおいしいです!

あんまりゆっくり飲みますと、中の氷が解けて味が薄まりますので、お早めに!

 

スタバ公式サイトの説明ですと、「甘すぎない爽やかな味わいの一杯」とありましたが、まさにその通りで、甘い要素はほとんど入ってなくて、さっぱりとスッキリとする味わいなのです。

酷暑にはぴったりの飲み物なのではないかと思います。

あまり似たものがない、独特でかつすごくおいしいコーヒーです!

 

コンビニでも買えるようになったスタバの「コールドブリュー」!

どんなにスタバの「コールドブリュー」のファンであっても、近くになければ毎日飲んだりは難しいです。

私はの近所にはスタバは無く、コンビニならあります。

なんと、そんな私のような人に朗報が来ました。

2019年5月に、「チルドカップ」の「コールドブリュー」が発売されました!

早速購入して飲んでみました。

 

「コールドブリュー」は鮮度が命なのかもしれません。

ぶっちゃけ、個人的には、スタバ実店舗の「コールドブリュー」そのもの!とは言い難かったです。(;^_^A

(スタバの、「ブラック無糖コーヒー」だと思ったほうがいいかもしれないとすら思いました…。)

もっとお店の味に近づいてほしいと思います!

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、スターバックスコーヒーの、コールドブリュー」と「コールドブリューライム、そしてコンビニで限定発売のチルドカップの「コールドブリュー」をご紹介しました。

夏は、やっぱり冷たいコーヒーを飲みたいです。

そして、水だしのコーヒーはやっぱりおいしいと思います。

これに「ライム」が加わると、こんなにおいしくなるのか!と、「コールドブリューライム」にはびっくりしました。

 

 

日本の夏は、年々、暑さが過酷になっています。

この暑さを生き延びるだけでも大変なことだと思います。

時々は冷たくておいしいものを飲んで、少しでもリフレッシュの時間を作って、乗り切っていきたいですね!

★関連記事:森永「マウントレーニア」の「コールドブリュー(ラテ)」が絶品!

★関連記事:「スペシャルティコーヒー(スペシャリティコーヒー)」って何?

★関連記事:東京八王子「珈琲実験室」のコーヒーアイスがおいしい!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*