【珍しい魚!】小笠原で「サクラダイ」と呼ばれている「シマチビキ」!

【珍しい魚!】小笠原で「サクラダイ」と呼ばれている「シマチビキ」!

桜鯛」という言葉を聞くことがあります。

「コトバンク/デジタル大辞泉」によりますと、「桜の花が盛りのころ、産卵のため内湾の浅瀬に群集するタイ。瀬戸内海沿岸で特にいう。花見鯛。」とのことです。

要するに、桜の花が咲くころに獲れる「真鯛」を、「桜鯛」と呼んで珍重したのですね。

今回は、この「桜の時期のマダイ」ではない、「サクラダイ」をご紹介します。

それは「シマチビキ」です。

<スポンサーリンク>

「サクラダイ」という小さい魚もいる!

実は、「サクラダイ」という、「スズキ目ハタ科」に属する小さくてかわいい魚も存在します。

 

集団で泳ぐ様子は、すごくかわいくて、かつ美しいです。

もし釣れたら、さばいて昆布〆にするとおいしいそうです。

 

<スポンサーリンク>

小笠原諸島で獲れる「サクラダイ」は「シマチビキ」のこと!

小笠原諸島で獲れる「シマチビキ」は、小笠原では「サクラダイ」と呼ばれます。

スーパーではほとんど見かけない魚です。

(↑魚屋で見つけて慌てて写真に撮らせてもらった1枚(;^_^A)

鯛と同じような色に、黄色の太い縦じまが入っています。

広げれば、背ビレも黄色いです。

実物はもっと色合いがキレイです。

小笠原諸島の他に、沖縄やハワイでも釣れるそうで、温かいところにいる魚のようです。

 

「シマチビキ(サクラダイ)」のおいしい食べ方

新鮮ならば、まずは「刺身」がおすすめです。

味は淡白ですので、昆布締めするとさらにおいしくなります。

皮もおいしいので、皮目を焼いてお造りにするのがいいそうです。

 

身が淡白なため、フライや煮魚、塩焼き、ムニエルなど、味を付けて加熱調理するのに向いています。

皮がおいしいので、塩焼きはすごく美味しくなります。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、けっこう珍しい魚である「シマチビキ」をご紹介しました。

小笠原で獲れる魚なので、 関東にいれば、まれに魚屋さんで売っているかもしれません。

あまり水揚げされませんが、かといって、高い値段が付く、という魚でもないようです。

身体の模様がインパクトがあるし、色合いがオシャレでかわいい魚だと思ったのでご紹介しました。

 

もう一つの「サクラダイ」も可愛いですよね。

 

 

↑「ルアー」になってました。他の大きな魚によく食べられちゃうんでしょうか…。

 

桜の時期のマダイのことを言う「桜鯛」も、色はピンクでキレイです。

 

小笠原の「サクラダイ」である「シマチビキ」は、値段は、大きな真鯛ほど高くはなりません。

もし見かけたらめったにないチャンスですので、ぜひ食べてみてください!

★関連記事:伊豆諸島でよく獲れる、焼き魚が最高の「タカベ」!

★関連記事:イサキは刺身がおいしい!旬はいつ?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*