【おすすめ新商品!】日清カップヌードル「メキシカンタコスビッグ」はさわやかで食べやすい!

日清カップヌードルの新商品!「メキシカンタコスビッグ」はさわやかでトマト味の効いたおいしさ!

2019年6月3日に日清カップヌードルより「メキシカンタコスビッグ」が発売されました。

いったいどんなカップヌードルなんでしょう?

このカップヌードルの味の「タコス」や「サルサ」とは何でしょうか?

 

今回は「メキシカンタコスビッグ」ヌードルについてお伝えします!

<スポンサーリンク>

「メキシカンタコスビッグ」はこんなカップヌードルです!

毎月のように新商品がでている日清カップヌードル。

今回は、このようなパッケージデザインです。

「タコス」だけでは分かりづらいからか「メキシカン」とはっきり書かれています。

実際、メキシコ料理を食べたことのある人はどれぐらいいるでしょう?

私はあまりないので、こうやって「メキシカン」と書かれていると分かりやすいです。

今流行り(?)の「ヒゲモチーフ」も「メキシコ感」を演出してます。

「ソンブレロ」というメキシコの帽子も描かれてます。

 

食品を買いに来る人は、なんとなく思いつくもの、なんとなくおいしそうと思えるもの、を買う人が多いです。

こうやって、パッケージに色んな情報を入れることで初めて、買う人が「メキシカンで、タコスで、サルサで、なんかそんな感じの味なんだな」とやっと思ってくれるのだと思います。

 

でも、「タコス」「トマトサルサ」で、実際の味をすぐに想像できます?

私はあまりできません。後で確認したいと思います。

今度はサイドに「ハラペーニョ」という言葉が出ました。

辛いようですが、何でしょうか。

辛さレベルは「2」とあります。

 

2019年5月に販売されていた、「カップヌードル激辛味噌ビッグ」は「辛さレベル5」でしたので、今回は、カレーで言うと、「甘口よりの中辛」という感じでしょうか。

 

<スポンサーリンク>

「タコス」とは?「サルサ」とは?「ハラペーニョ」とは?

言葉で何となくの感覚はつかめても、やっぱりいったい何なのか気になりますので、それぞれどんなものなのか確認したいと思います。

・「タコス」とは?

トルティーヤ」という、トウモロコシで作る薄焼きパンに、いろんな具材を載せて「サルサ」というソースをかけて食べる、メキシコの伝統料理です。

こういう料理を見たことがありますよね?

今回のカップヌードルは、この料理をイメージして再現してます。

パッケージにもイラストがちゃんとありました。

 

・「サルサ」とは?

上の写真の左下の、赤いソースのことです。

トマトベースのソースです。唐辛子も使われます。

酸味がけっこうあり、辛味もあり、さわやかな味です。

赤いサルサは代表的なものであり、他にもメキシコでは様々なサルサが作られてます。

 

・「ハラペーニョ」とは?

「ハラペーニョ」とは、メキシコを代表する青唐辛子です。

青唐辛子は、赤唐辛子とはまた違う感覚の、かなり辛い唐辛子です。

舌にガツンとくる、しびれるような強烈な辛さのものが多いです。

 

日本でも、九州でよく使われる「柚子胡椒(ゆずこしょう)」に使われてます。

 

ピザのトッピングで、輪切りでパラパラと振りかけられてますよね。

けっこう辛くておいしいやつです(^^)/

 

これで、「タコス」「トルティーヤ」「サルサ」「ハラペーニョ」の食材イメージはつかめたと思います。

これらを、日清は今回のカップヌードルで再現しようとしてるのです。

 

カップヌードル「メキシカンタコスビッグ」を食べてみました!

フタのデザインです。

すごくオシャレだと思います。

謎肉たっぷり。

赤いキューブは、「トマト」らしい。

コーンも目立ってます。

「ビッグ」なので、お湯が結構必要です。

 

お湯を注いで3分後の様子です。

トマトキューブがとろけてます。

なかなかおいしそうです。

 

スープは赤いのですが、唐辛子系だけの「赤」ではないでしょう。

きっと、トマトベースメインの赤だと思います。

辛さゲージは「2」なのですから、あまり怖がらないで食べてみました。

 

味は、トマトの酸味が非常に目立ちました。

スープはあっさりめ。イタリアンとはまた違う、トマト味です。

私は辛いものが好きなので、さほど辛さは感じませんでした。

 

メキシコ料理はあまり食べたことがないので、「メキシカン」がよくわかってないまま食べました。

でも、同じトマトベースでも、イタリアンやトルコ料理とはまた違った味わいなのがわかりました。

「メキシカン」がちゃんと再現されてるということですので、すごいなと思います。

 

「トルティーヤ」のあのトウモロコシパンの風味も効かせてる、とのことで、ここが、なんとなくイタリアンとかとは違ってると分かる、なかなか重要なポイントなのではないでしょうか。

とてもおいしかったです。

 

また、「野菜感」がけっこうありました。

他の激辛系ヌードルよりも野菜感が強くて、けっこう、味の「やさしさ」すら感じました。

女性にもおすすめなのではないかと思います(「BIG」だけど(;^_^A)。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、2019年6月に発売された、日清カップヌードルメキシカンタコスビッグ」をご紹介しました。

メキシカンな味は、今回が初めてではないようですが、なかなか珍しいフレーバーではないかと思います。

 

 

キャベツもコーンもトマトもたっぷりで、まさに上の写真にあるような、野菜たっぷりの「タコス」を再現しています。

野菜の味が多いので、ハラペーニョという辛味を使っていても、刺激的なだけの味ではなく、コクや旨みもしっかりある、おいしいヌードルです。

まだ販売していたら、ぜひ食べてみてください!(^^)!

★関連記事:日清のカップヌードル「激辛味噌ビッグ」はほんとに辛い!

★関連記事:日清のカップヌードル「蘭州牛肉麺」はシルクロードを感じる独特のおいしさ!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*