「スペシャルティコーヒー(スペシャリティコーヒー)」って何?

「スペシャルティコーヒー(スペシャリティコーヒー)」って何?

最近よく聞く言葉に、「スペシャルティコーヒー」という言葉があります。

そもそも「スペシャルティコーヒー」ってどういうコーヒーなのでしょうか?

なかなか難しい言葉なのですが、探ってみました。

<スポンサーリンク>

「スペシャルティコーヒー」ってどんなコーヒー?

最近、「スペシャルティコーヒー」とか、「スペシャリティコーヒー」とかいう言葉をよく聞きます。

しかし、「スペシャルティコーヒー」が何を指すのか、何を定義しているのか、すぐには思い浮かばないのではないでしょうか。

 

「スペシャルティコーヒー」というのは、

高品質で、かつ個性的な味わいのあるコーヒー豆

生産段階から品質管理が徹底されており、飲んだときにとても美味しいと認められた高品質なコーヒー」…などと説明されます。

 

これは、JAS認証の有機栽培コーヒーとはまた違います

有機栽培コーヒーでも、スペシャルティコーヒーと認められるとは限らないのです。

 

コーヒー豆を、「スペシャルティコーヒー」と認めるのは、「スペシャルティコーヒー協会」です。

日本なら、「日本スペシャルティコーヒー協会」が、それを決めます。

定義がはっきりしてない、という事実はありますが、スペシャルティコーヒーに共通する「特徴」はあります。

・「トレーサビリティー(生産履歴)」がはっきりしている。

「生産者とその豆の製造過程がはっきりしており、後からでも確認できること」とでも言いましょうか。

・協会による「テスト」により、味の良さが認められている。

・個性的な味わいが出ていること。

・欠点豆がないこと(病気、虫食い、傷、未熟などが無く、欠けていたりせず、粒ぞろいであること)

以上、ざっくりではありますが、4つの特徴をご紹介しました。

「日本スペシャルティコーヒー協会」のサイトでは、その定義に詳しく触れられていますが、ちょっと素人には難しい文章です(;^_^A。

 

そもそも、上記の条件がそろっていれば、他のコーヒーにはない、個性的なおいしいコーヒーになるのは間違いないでしょう。

 

<スポンサーリンク>

まだまだ「スペシャルティコーヒー」の定義はわかりにくい

ファミリーマートでも、「スペシャルティコーヒー」を提供したりしています。

「スタバ」でも、「スペシャルティコーヒー」の言葉を聞いたことがあります。

しかし、この言葉に込められた内容は、なかなか一般には伝わっていないと思います。

 

上記の協会が定める事項を考えると、有機栽培とかとはまた違った視点の、コーヒーとその生産者を大切にする想いが伝わってきます。

しかし、どうしても、「ちょっと難しい(;^_^A」です。

 

簡単に、業者が「スペシャルティ」という言葉が使えないくらい、意味も世間にしっかりとひろまっていくといいなと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、巷で最近よく聞くようになった、「スペシャルティコーヒー」という言葉について、探ってみました。

いくつかのサイトをたどり、「勉強」しましたが、なかなか難しい定義であるなあ、と思います。

しかし、コーヒー豆の産地と生産者を守り、おいしいコーヒーを飲み続けていくために、こういった協会が設立されているのでしょう。

 

「スペシャルティコーヒー」という言葉のみに踊らされることなく、丁寧に生産してくれている人々のことを想像しながら、今後もコーヒーをおいしく飲みたいと思います。

★関連記事:カフェパウリスタのコーヒーは、生産者を想う気持ちが現れています!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*