「サンペレグリノ・キノット」!日本にはない「かんきつ」の炭酸飲料!

「サンペレグリノ」の「キノット」!日本にはない「かんきつ」の炭酸飲料!

「サンペレグリノ」は、炭酸の入ったミネラルウォーターで有名な、イタリアのメーカーです。

「サンペレグリノ」が作っている「キノットジュース」は1950年代にイタリアで生まれました。

以来、地元イタリアでは長く愛飲されています。

どのようなジュースなのでしょうか。

今回は「サンペレグリノ」の「キノットジュース」についてご紹介します。

<スポンサーリンク>

「キノット」は日本にはないかんきつ類!

「サンペレグリノ」の作るジュースにはかんきつ類が多いです。

その中で「キノット」はかなり独特なものになります。

「キノット」はかんきつ類なのです。

日本人にはほとんどなじみのないかんきつです。私も知りませんでした。

Citrus myrtifolia 2

(写真引用元:Wikipedia「キノット」の項より

このようなかんきつです。葉がとんがっていて、生え方も日本のものとは違っています。

実が小さく、苦いそうです。砂糖漬けにして食べられてもいます。

これを使ったジュースがイタリアには古くからあり、人々に親しまれてきました。

「サンペレグリノ」の「キノット」ジュースはメジャーなブランドになります。

 

<スポンサーリンク>

サンペレグリノの「キノット」はこんなジュースです!

私はスーパーでは見かけなかったので、アマゾンで買ってしまいました。

 

 

↑上は楽天です。

このように、通販ではまとめ買いになりますが、購入することはできます。

 

このように6本組で届きました。

6本で1490円+送料でした。

瓶タイプのみしか見つかりませんでした。

内容量は1本200mlなので、小さい瓶です。

右が食堂によくあるようなコップと大きさが同じなので、「キノット」の瓶が、さほど大きくないのがわかっていただけると思います。

ワインの小瓶くらいの大きさです。

瓶の首にかかっていたタグに、「栓抜き不要!」と書いてあります。

フタそのものにも「ツイストオフ」と英語で書いてあります。

ひねってはずす感じで、あっさりと「金冠」をはずすことができました。

 

コップに注ぐとこんな感じです。

けっこう泡立ちます。

茶色なのが、もうかんきつではないように見えてしまいます。

香りも少し漂ってきます。

ラベルの文字はまったく読めません。

日本で作られたと思われるあの「タグ」を頼りにせざるを得ません。

なんと「無果汁」とあります。

キノット果汁は入ってなくて、フレーバーのみのようです。

砂糖だけでなく、食塩が入っています。

カラメル色素、とあるので、この茶色はカラメル色素のようです。

「香料」とありますが、これは、「ドクターペッパー」のように、「さまざまな」フレーバー、ということなのでしょうか。

 

サンペレグリノ「キノット」を飲んでみました!

飲んでみると、確かに苦いかんきつが原料だけあって、びっくりするくらい苦いです。

他に、シナモンのようなリコリスのような、いろんなフレーバーが入っているのではないかと感じました。

これを飲むと「ドクターペッパー」を思い出してしまうのです。

 

公式サイトをみますと、「20種類のハーブのミックスの中にシナモンとルバーブ」という言葉がみられましたので、やはり、「ドクターペッパー」のような複雑で不思議で、独特なフレーバーになっています。

 

決して万人受けする飲み物ではありません。

私も1本だけ試しに買えればよかったな、と思います。

飲めない!と分かった場合の、この6本まとめ買いはキツイと正直思います(;^ω^)。

 

繰り返しになりますが、これを飲んだ時「ドクターペッパー」を髣髴とさせる、と思いました。

なので、これは賛否両論になると思います。

ブラッドオレンジやレモンのフレーバーのほうがよっぽど飲みやすいです。

だから、スーパーの「いなげや」とかに置いてあるんですよね。

 

いっぽう、「キノット」は日本人にはあまり馴染みにくい味なので、スーパーにもなかなか置かれないのかもしれません。

ドクターペッパーは日本で販売され始めて40年くらい経っても商品がなくならかったので、もしかしたら、この「キノット」も流行るかもしれませんね!(^^)!。

 

とにかく味が独特です。

独特の苦みですが、このフレーバーは夏バテ気味の時、おいしく感じそうです。

暑い夏に、苦いかんきつものはよさそうです。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、炭酸のミネラルウォーターで有名な「サンペレグリノ」のジュース、「キノット」をご紹介しました。

「キノット」そのものが、日本では普通に買えるかんきつではないです。

なかなか知らない人も多いせいか、ジュースそのものもあまり売っていません。

通販だとまとめ買いになってしまうので、躊躇してしまう人も多いでしょう。

 

 

でも、ドクターペッパーが飲める人なら、試しに飲んでみるといいのかも?と思いました。

ただし、甘さはほとんどありません。

20種もフレーバーをブレンドしている、ということは、ドクターペッパーが好きでも、この「キノット」はダメ、ということはあり得ますので、ご注意ください(;^_^A。

イタリアではあまりにもメジャーな飲み物らしいので、安心して試しに飲んでみていただければと思います!

★関連記事:ドクターペッパーのフレーバーは謎だらけ!

★関連記事:サンペレグリノのフルーツのジュース(スパークリング)がおいしい!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*