【沖縄みやげ】沖縄限定販売の「ロイズ石垣島・生チョコレート黒糖」がおいしい!ミネラル豊富!

【沖縄みやげに!】沖縄限定販売の「ロイズ石垣島・生チョコレート黒糖」がおいしい!ミネラル豊富!

ロイズ」は、北海道のチョコレート菓子のメーカーです。

いっぽう、沖縄のお土産として、沖縄で限定販売している(ただし、通販は可能になっている)チョコレート菓子、「ロイズ石垣島」があります。

北海道のメーカーが、沖縄土産を作って販売しているのが、興味を惹かれます。

今回は、多くの「沖縄みやげ」が作られている「ロイズ石垣島」の商品の中から、「生チョコレート黒糖」をご紹介します。

<スポンサーリンク>

ロイズ石垣島「生チョコレート黒糖」!生チョコレートの特徴や原料のひとつの「コルコル」について!

「生チョコレート」は、チョコレート生地に生クリームや洋酒を練りこんだものです。

しっとりとした柔らかな食感と、生クリームや洋酒によってコクや深みを増したチョコレートの味がおいしいお菓子です。

 

今回のロイズ石垣島の「生チョコレート黒糖」は、まず生チョコレートに沖縄県産の黒糖が練りこまれています。

そして、沖縄・南大東島のさとうきびで作られた貴重な日本産ラム酒、「コルコル」をブレンドしています。

(写真引用元:「グレイスラム」公式ページより。 右は「コルコルアグリコール」)

「コルコル」というラム酒は知る人ぞ知るラム酒です。

ラム酒というのはカリブ海の島々が発祥の地とされており、現代の日本でもなかなか作られていないお酒です。

しかし、レーズンを漬けた「ラムレーズン」はよく知られており、かつお菓子にはたくさん使われています。

「ラムレーズン」という言葉をよく聞くと思いますが、これはレーズンをラム酒に漬けたものなのです。

洋菓子にお酒を使うことはしばしばありますが、特にラムレーズンはよく使われていますよね。

 

ラム酒のアルコール度数は高く、なかなかこれを飲む人口は、他のお酒と比べて少ないでしょう。

しかし、これほどお菓子に使われている洋酒は逆に無いと思うのです。

特に日本のお菓子メーカーのつくるもので、ラムレーズンが使われているものはかなりあるはずです。

 

ロイズの「生チョコレート・黒糖」も、沖縄名産の「黒糖」と、南大東島の貴重な国産ラム酒「コルコル」がミックスされた、沖縄ならではの生チョコ菓子になっています。

 

<スポンサーリンク>

「ロイズ・生チョコレート黒糖」はこんなお菓子です!

南国を思わせる、さわやかなライトグリーンを基調にしたハイビスカスがあしらわれています。

「黒糖」のイメージの色ではないかもしれませんが、すっきりした印象があります。

「NAMA CHOCOLATE」と、日本語のローマ字表記をしているのにユーモアを感じます。

 

大きさは、上の通りです。

かわいらしい小箱に、9粒の生チョコが入っています。

価格は公式通販サイトでは税込486円。

私は生協の「コープデリ」で扱いがあった時に購入しました。

冷蔵保管です。

 

他に、「マンゴー」や「泡盛」、「パッションフルーツ&シークワーサー」、「パイナップル」があります。

それぞれ違う色のハイビスカス模様のパッケージです。

(写真は「ロイズ石垣島」販売サイトより。右下の「黒糖チョコレート」は生チョコではありません)

全部揃えたくなってしまうし、複数の人へのお土産に使うのにちょうどいいサイズや価格帯ですよね。

 

フタを開けると、ビニールでしっかり包装がしてあります。

「ピック」も1つ付いています。

内側のフタのところに、このチョコレートの説明が書かれています。

(「コルコル・アグリコール」なので、より希少な「コルコル」の方を使っていますね。)

ビニールから出すと、フタの付いた容器が出てきます(写真右)。

 

ロイズ石垣島「生チョコレート黒糖」を食べてみました!

冷蔵庫から出したばかりだと、ちょっと固いですが、これがちょうどいいのです。

右写真は、一粒を半分に切った様子です。

 

口の中に入れますと、あっという間にとろけだします。

黒糖の味が広がります。

黒糖の度合いはかなり高いようで、「塩気」すら感じます。

原料に「塩」の文字はないのですが、パッケージ裏に、「黒糖にはミネラル分が含まれているため、塩味を感じられることも特長の一つです」と記載されているので、感じる塩気は黒糖のミネラル分、ということになります。

この黒糖が、沖縄県内でも各生産地域や収穫した年によって、微妙に味や色味に変化があるそうです。

なので、期間を置いて再び買って食べると、味が違ってきたりするのです。

 

ラム酒については、そこはかとなく感じました。

このお菓子のパッケージにはアルコール分の表記がないです。

ほんとに「風味付け」程度なのかもしれません(ロッテの「ラミー」にはアルコール分表記があります)。

 

黒糖とチョコレートは合っていると思います!

生チョコというコクと深みのあるお菓子に、さらに黒糖のミネラルを多く含んだ複雑な味わいと風味が加わっているのです。

黒糖とラム酒は沖縄諸島産であり、沖縄みやげとしてはほぼ完ぺきではないでしょうか(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は「ロイズ石垣島」のお菓子「生チョコレート黒糖」をご紹介しました。

沖縄に行かなくとも、通販で購入することができます。

どうしても食べてみたい方は、こちらもおすすめです。

 

(※上は、生チョコではありませんが、楽天の扱いのものになります。)

 

なぜ、北海道のチョコレート菓子の会社が、沖縄土産のお菓子を作って販売しているのか不思議ですが、チョコに定評のある「ロイズ」のお菓子は、沖縄でも人気のようです。

お土産としては、小ぶりでかさばらなくていいですが、生チョコやチョコは溶けやすいのが心配ですよね。

そこだけ気を付けて、あとはお土産としてどんどん活用したいですね!

★関連記事:ロッテの冬のチョコレート!バッカス・ラミー・カルヴァドス!

★関連記事:黒糖にこだわったほんとうにおいしいプリン!メイトー「沖縄・多良間島黒糖プリン」!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*