アオヤギ(青柳、バカガイ)は二枚貝!あまり出回らない二枚貝のアオヤギを入手!

アオヤギ(青柳、バカガイ)は二枚貝!あまり出回らない二枚貝のアオヤギを入手!

アオヤギ(青柳、バカガイ)はオレンジ色の鮮やかな色彩の貝です。

春が旬で、初夏まで食べることができます。

「処理済」が販売されていることがほとんどです。

あまり2枚貝の状態で出回ることはないのですが、今回手に入りましたのでご紹介します!

<スポンサーリンク>

アオヤギ(青柳)は2枚貝の状態ではあまり出回っていない!

上の、「舌切り」の状態にまで処理してから一般に出回ることがほとんどです。

 

このような、「身」もついた「むき身」の状態の時もあります。これすらもあまりみかけません。

 

アオヤギは、海ではこの「舌」を良く動かして元気に動き回るそうです。

しかしいったん陸にあがると、貝が割れやすく、すぐに弱ってしまう貝です。

砂抜きも難しい貝で、身を取り出して捌いた時に洗うしか方法がないです。

 

<スポンサーリンク>

アオヤギの2枚貝はこんな状態です!

ペロン、と「舌」を出しています。

よく「舌」を出します。

大きさは6~7センチはありますが、持ってみるととても軽いです。

貝殻も確かにすぐ割れてしまいそうです。

 

開くとこんな感じです。

まいどおなじみの「舌」が見えます。

「ヒモ」もあり、寿司屋では「舌」とこの「ヒモ」を切らないように下処理して握るそうです。

でも「ヒモ」は生食は一般家庭ではおすすめしない、とプロに言われました。

 

なので、今回は「ヒモ」は捨ててしまいました。

洗って、茹でるなどして「加熱」すれば食べられたかもしれません。次回やってみようと思います。

茶色い部分を取り、貝についていた「小柱」も食べられるので貝からこそげ取ります。

 

手に入れたのはあまりにも暑い2019年8月上旬です。

ぬるま湯で掃除して食べるにはちょっと素人には怖かったので、今回は「炒めて」食べることにしました。

 

塩コショーの味付けで、さっとバター焼きにしました。

4つの貝を剥くのはなかなか手間でした。

しかし、調理すると、すぐに食べきってしまう、ちょっとの量でした(;’∀’)。

あと、あまり「炒める」のには向いてない食材だな、と思います。

 

きちんと熱湯でさっと湯がいて、わさび醤油やサラダ感覚で食べるのが、一般家庭ではやはり正解だと思います(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「青柳(アオヤギ)」の2枚貝が手に入りましたのでご紹介しました。

沸騰した塩水に入れて、さっと茹で、貝が少し開いたらそこから開けて身を取り出し、ザルに入れて流水で砂がなくなるまで洗うといいそうですよ。

 

めったに出回らないと言われるアオヤギの2枚貝ですが、もし興味があれば、見かけたらぜひ買って食べてみてください。

むき身や舌切りで売っているものより、個体は大きいです(^^)。

★関連記事:春が食べごろ!おいしいアオヤギ!年に1度は食べたい!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*