【チルドカップコーヒー】スターバックス「ライトショットエスプレッソ」がおいしい!

【チルドカップコーヒー】スターバックス「ライトショットエスプレッソ」がおいしい!

スタバより、新しいチルドカップコーヒー(プラカップに入ってて、フタが付いており、ストローで飲む、冷蔵コーナーに売っているコーヒー)が出ました。

「ライトショットエスプレッソ」です。

2019年9月3日から発売されました。

 

「エスプレッソ」って聞くと、苦くて濃い印象があって、「苦くて飲めなかったらどうしよう」と思うかもしれません。

でも、これは飲みやすくておいしいですよ!

今回は、スタバの「ライトショットエスプレッソ」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

スターバックス「ライトショットエスプレッソ」はこんなコーヒーです!

 

スーパーやコンビニで買えます。

価格は税別200円です。

 

この黄色のパッケージがすごくオシャレです。

コーヒー豆や葉っぱ、スタバのマークの位置、文字の色、全てがオシャレで、売り場で目立ってました。

2019年9月に入ってからの新商品だったんですね。

 

説明によると、スタバ・チルドカップコーヒー史上初の「浅煎りコーヒー豆」を使っているそうです。

浅煎りはテイストが「軽く」なるようです。

この豆でエスプレッソを淹れる、というのが面白いです。

 

このパッケージに、あのスタバの緑のストローを差した、全体のカラーコーディネートがたまりません。

個人的に超好みです(^^)/。

パッケージひとついいだけで、商品が何倍も楽しめてしまう、という例だと思います。

 

「種類別名称」は「乳飲料」になります。

乳固形分を一定以上含むものは、「乳飲料」の表示ができるらしく、この表示になっています。

「コーヒー飲料」ではないんですね。

原材料も、「生乳」がトップに来ています。

 

<スポンサーリンク>

スタバの「ライトショットエスプレッソ」を飲んだ感想!

チルドカップの中身をコップに移して、撮影しても良かったのです。

しかし、なんとなくそれはしなくてもいいかな、と思ってやめました。

コンビニで買って、即飲んだりするのですから、あまり意味が無いような気がしました。

 

飲んでみますと、想像以上に「ミルキー」(牛乳感・ミルク感がすごくある、という意味です)でした。

生乳の方が、コーヒー分よりも、原材料としてはやっぱり多いんですね。

濃厚なミルクの味に、上品な甘さがきます。

そして、しっかりとコーヒーの味がします。

これが、よくある「濃いエスプレッソ」の重さではなくて、濃厚なんだけど、口当たり、後味が「軽い」のです。

要するに、すごく飲みやすい!

エスプレッソなので、コーヒーの味もしっかり楽しめます。

おいしいです(^^)/。

あっという間に飲んでしまいました。

これはおいしかったので、また買って飲もう!と思いました。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、スターバックスのチルドカップコーヒー、「ライトショットエスプレッソ」についてお伝えしました。

パッケージの色合いも、ストローの色も含めてオシャレ、中身もしっかりおいしくて「ライト」でオシャレでした(*’▽’)。

 

 

9月発売ですので、秋に飲むイメージもあるのでしょうね。

リフレッシュやおやつタイムにピッタリのコーヒーだと思います(^^)。

★関連記事:手軽に飲めるおいしいアイスコーヒー!「京都小川珈琲ブラック無糖」!

★関連記事:「コールドブリュー」のラテが気軽に飲める!マウントレーニア「コールドブリュー」!

★関連記事:カフェパウリスタ創業100年記念ブレンド!「パリ祭」

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*