Warning: file_get_contents(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/90/Pollicipes_mitella.jpg/512px-Pollicipes_mitella.jpg): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden. Please comply with the User-Agent policy: https://meta.wikimedia.org/wiki/User-Agent_policy in /home/blackgreen/hontonioishii.com/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

「カメノテ(亀の手)」は貝類?どんな生き物?おいしい食べ方は?

「カメノテ(亀の手)」は貝類?どんな生き物?おいしい食べ方は?

カメノテ」という生き物を知っていますか?

地域によっては「食べてる!」「食べたことある!」という方はいると思います。

私も子どもの頃、親が食べていて、ドン引きしてました(笑)。

(おいしいとは思いましたが…。)

貝類なんでしょうか?どんな生き物なんでしょうか?

食べるとしたら、どうやって食べるのでしょうか。

今回は「カメノテ」についてお伝えします!

「カメノテ」はどんな生き物?

 

Pollicipes mitella

Wikipediaからお借りした画像です。

岩場の合間から、こんなのが見えたら、何も知らないとギョッとしませんか?

岩間から何かの「手」がそっと出ている…というように見えますよね。

これが、生息地にいる、自然の中の「カメノテ」の様子です。

 

カメノテは、岩場の多い海岸(「磯」など)に棲み、岩にしっかりとくっついて生きている生き物です。

「カメノテ属」というのがあり、その唯一の種です。

甲殻類(エビやカニの仲間)であり、「ミョウガガイ科」というものに分類されます。

「フジツボ」に近い種類だそうです。

 

ほんとうに亀の手のような、ユニークな形をしています。

先の部分は石灰質で食べられません。

この「爪」の部分の中身も食べられますが、好みが分かれるところと思います。

下の茶色い部分の中身のほうが食べやすい味です。

 

カメノテの主な産地は?旬はいつ?

カメノテは日本全国の沿岸で取ることができます。

昔は、自分で取りに行くような食材でした。

四国や九州で昔から食べる習慣があり、市場の入荷も四国や九州からが多いです。

 

 

 

旬は、5月から8月とされています。

 

スペインにも似た種類の生き物がいます。

スペインでは高級食材だそうですよ。

 

カメノテのおいしい食べ方は?

カメノテは「塩ゆで」や、酒を振りかけて「蒸す」のがおすすめです。

今回は、「塩ゆで」をやってみました。

 

流水でよく洗い、細かな砂やごみを洗い流しましょう。

 

海水に近い塩水で、水の状態から茹でます。

(なめてみて、そこそこしょっぱい塩水ならOKです。)

可食部の身は小さいので、5~6分でいいでしょう。

 

ゆであがったら、ザルにあけます。

水で冷ましてもいいですが、このまま食卓に出しちゃってもいいです。

 

 

上の「爪」の部分を引っ張れば、なかから薄いピンク色かクリーム色に近い色の身が出てきます。

ここを食べます。

 

注意点があります。

この「爪」を「胴体」からはずす時、なかから汁がかなり飛び出します。

私は顔や服にかかりました( ;∀;)。

爪と胴体の間にすこし切れ目を入れて、汁をすこし出して、「ガス抜き」のようなことをしてから、「爪」を引っ張ったほうがいいでしょう。

 

2~3個食べれば、食べ方のコツもすぐわかってきます。

全体の大きさからして、可食部の小ささに笑っちゃうかもしれませんが、いいお味で、おいしいですよ。

お酒のつまみにもなると思います。

 

カメノテは実は「みそ汁でもおいしい」と、有名です。

アサリのみそ汁を作る要領で、流水で洗ったカメノテを水の状態から沸かし、沸騰して4~5分茹でたら、お味噌を溶いて終わりです。

カメノテは非常に美味しいダシが出ますので、出汁を準備する必要はないと思います。

 

さいごに

今回は「カメノテ」についてお伝えしました。

昔は、磯に行って岩からはがして持って帰り、自宅で食べるというような「ローカル」な食材でした。

特に四国や九州ではそれが一般的でした。

 

しかし、現在は不思議と流通経路に乗っていて、築地でも四国や九州から毎日のように入荷しているそうです。

 

食べられる部分の量の割に、高値がついていますが、興味のある方はもし見かけたらぜひ食べてみてください!

★関連:ムール貝(ムラサキイガイ)の旬はいつ?日本の産地はどこ?美味しい食べ方は?

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

error: Content is protected !!