【魚】「クロソイ」の旬はいつ?おいしい食べ方は?

【魚】「クロソイ」の旬はいつ?おいしい食べ方は?

(2021年12月20日更新)

今回は「クロソイ」という魚についてお伝えします。

その名の通り、黒っぽい色をした魚です。

 

あまり見慣れないと、食べるのを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、クロソイは値段もそんなに高くなりませんし、おいしい魚です。

「ソイ」の仲間の魚は、たいていは煮魚がむいていますが、新鮮で大きければ刺し身もおいしいですよ(^^)/。

<スポンサーリンク>

「クロソイ」はどんな魚?旬はいつ?

クロソイはメバル科の魚です。

メバルの仲間になります。

 

クロソイは、三陸のほうでは養殖もされており、人気のある魚です。

日本各地に広く分布していますが、好まれて食べられているのは東北や北海道のほうです。

 

関東でも入荷はまれなことではなく、時々買うことができます。

大きさによりますが、価格もさほど高くはなく、高級魚というわけでもありません。

 

メバルに雰囲気が似ています。

眼がくりっとしているところなどは特にそうです。

 

旬は、冬から春です。

これ以外の季節でも入荷することがあります。

しかし、味がいいのは冬から春と言われています。

 

色んな魚に見慣れてくると、「これは煮魚むきだな」「焼き魚むきだな」と分かってくると思います。

これなどは、いかにも「煮魚」に向きそうな見た目をしています。

 

<スポンサーリンク>

「クロソイ」のおいしい食べ方は?

鮮度がよければ「刺身」がおいしいです。

塩とすだちで食べるのがおいしいらしいですが、普通にわさび醤油でもおいしいです。

 

上品であっさりとした淡白な味わいです。

できるだけ新鮮なうちに食べたほうがいいと思います。

 

若干水分が多く、じわじわと旨みが来る感じです。

メバルと同じような食感を感じました。

 

★関連:メバルは刺身もおいしい!旬はいつなのか?

 

次はやはり「煮魚」です。

 

酒・しょうゆ・みりん・砂糖・しょうがで甘辛く煮付ける、オーソドックスな煮魚。

もっと薄めの味で煮付けて、魚の味を楽しむのもいいです。

 

  

身質はしっかりとしており、味がとてもいいです。

カレイを思い出すような身質と味でした。

 

「ふつうにおいしい(^^)/」と言いたくなる味です。

 

身がけっこう厚めに取れますので、煮付けたら、煮汁をからめながら食べるといいでしょう。

ご飯に非常に合う煮魚になります。

 

塩味で煮付けるとウマイ、と聞いたことがありますが、ちょっと私には想像がつきません(;^ω^)。

煮魚を食べ終わった後の骨に、熱湯を100㏄~150㏄(お好みで)くらいかけて飲む骨湯(ほねゆ)」は食事の〆に絶品です。

 

「塩焼き」でもおいしいです。

塩麹(しおこうじ)に数時間漬けてから焼くのもおいしいです。

この場合は、切り身を使いましょう。

 

アラを手に入れたら、みそ仕立ての「アラ汁」にするとおいしいです。

アラを煮たてて、塩と醤油で味をととのえる「すまし汁」/「潮汁」でもいいかもしれません。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、主に東北や北海道で好まれている「クロソイ」についてお伝えしました。

東京のほうでは、全く見ない魚ではないし、「黒ムツ」や「赤ムツ(のどぐろ)」 、「キンキ」ほどの高価なものでもありません。

寿司店などで見かけたら、ぜひ食べてみていただきたい魚です。

 

刺身以外には、煮魚、そして塩麹漬け/粕漬けにしたものを焼いたのが個人的に好みです。

機会があればぜひ食べてみてください(^^)/。

★関連:キンキ(キチジ)はどんな魚?キンキの旬はいつ?おいしい食べ方は?

★関連:アイナメ(鮎並)の旬はいつ?どんな料理がおいしい?

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!