【生活クラブ/エム・シーシー食品】「北海道産とうもろこしのスープ」がおいしい!

【生活クラブ/エム・シーシー食品】「北海道産とうもろこしのスープ」がおいしい!

粉末のコーンスープをよく使うのですが、たまにはレトルトのコーンスープが飲みたい、と思う時があります。

粉末のコーンスープよりは価格が高くなってしまいますが、やはり、スープのきめ細かさや味わいは、レトルトのほうがおいしいと思います。

今回は、「生活クラブ生協」で扱っている、「北海道産とうもろこしのスープ」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「生活クラブ」の「北海道産とうもろこしのスープ」の製造元はエム・シーシー食品!

 

160g入りのレトルトが2つ入って、生活クラブでは税込486円です。

1食辺り、243円と、コーンスープとしては、「ごちそう」の部類に入りますね。

 

製造者は、スープなどのレトルト食品や缶詰で有名な、神戸の「エム・シーシー食品」です。

エム・シーシーの公式サイトを見ますと、全く同じ商品名のコーンスープが販売されていました。

(中身が全く一緒なのか、違うのか、不明です。)

 

今回のこの「とうもろこしのスープ」は、原料の玉ねぎが国産、とうもろこし、生クリームは北海道産になっています。

生活クラブ生協は、国産にこだわった食材が多い(ほとんど)なので、「国産」の材料となっています。

 

表面に「夏は冷やして、冬はホットで」と書かれています。

実は、このスープは暑い夏に買いました。

真夏に、冷たいコーンスープやヴィシソワーズとか食べたくなる時があるからです。

 

結局、夏には食べず、12月という、真冬に、温めて食べることになりました。

なので、「冷製」だとどうなのか、食べてみていません(;^ω^)。

 

<スポンサーリンク>

生活クラブの「北海道産とうもろこしのスープ」を食べてみました!

容器から中身を耐熱皿に出して、ラップをすれば、電子レンジでも温められます。

しかし、私はレトルトパウチ食品は、湯煎で温めるのがいちばん美味しくて、無駄がないような気がするので、やはり湯煎であたためました。

濃厚でクリーミーな見た目です。

このトロミとクリーミーさは、粉末タイプのコーンスープとはまた違っています。

より、本物に近いような感じです。

 

上の写真のように、北海道産のとうもろこしの粒が入っています。

シャキシャキとしていて、味もよく、おいしいです。

 

北海道産の生クリームのコクと、チキンエキスに助けられた旨みが、とてもおいしいです。

バターも使われているので、味が濃厚です。

 

あまり食欲のない時は、このスープだけでも、かなり満足できそうです。

お好きなパンと一緒だと、じゅうぶんなご馳走になるのではないでしょうか。

 

レトルトのスープ類の中では、かなりおいしいほうだと思いました(^^)/。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、生活クラブ生協で扱っている、エム・シーシー食品(MCC)製造の、「北海道産とうもろこしのスープ」についてお伝えしました。

味がとてもよく、クリーミーで、コクのある、満足度の高いレトルトコーンスープです。

 

上の商品は、ほぼ同じ名前の、エム・シーシー製造のレトルトスープです。

(このシリーズのスープは、あまり値段も高くなく、おいしいと思います(^^)/。)

 

1~2食ほど常備しておくと、安心な備蓄食品だと思います。

★関連:おいしいレトルトの「ミネストローネ」!コーミのミネストローネがおすすめ!

★関連:おいしい「ボルシチ」を家で手軽に食べたい!おすすめボルシチの缶とレトルトをご紹介!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*