沖縄の「わしたスパイシーポーク」がおいしい!ピリッとしているけど優しい味!

沖縄の「わしたスパイシーポーク」がおいしい!ピリッとしているけど優しい味!

沖縄県で作られている「わしたポーク」というランチョンミートがあります。

2年半くらい保存可能な、備蓄食品としても利用できる、おいしい缶詰の食品です。

今回は、すこし辛いほうの、「わしたスパイシーポーク」についてお伝えします。

<スポンサーリンク>

「わしたスパイシーポーク」は沖縄産の食材を使ったおいしいランチョンミート!

 

「株式会社沖縄県物産公社」というところが販売しています。

沖縄県でなくても、沖縄県のアンテナショップや、ネット通販でも買えますし、東京ではスーパーに置いている所もあります。

私は生活クラブの店舗「デポー」で買いました。

 

1缶、税込426円(「わしたショップオンライン」)と、ふだんのおかずに使うとしたら、お高めのお値段です。

しかし、この独特の、やさしい、味わい深いお肉の缶詰は、時々食べたくなってしまう魅力があります。

お土産や贈答品にもいいかもしれないですね。

 

メインの原材料は、沖縄産の豚肉です。

これに沖縄産の鶏肉も加えられています。

甘味は沖縄県産の黒糖、「スパイシー」の場合は、島とうがらしも使われています。

 

「無塩漬ランチョンミート」という文字が強調されています。

塩漬けしていない、ということは、こういうお肉系の缶詰では珍しいことなのかもしれませんね。

 

<スポンサーリンク>

「わしたスパイシーポーク」は、お好みの大きさに切って表面をカリっと焼くだけでおいしい!

フィルムはキレイにはがすことができます。

 

上には、「かんたんレシピ」が載っています。

缶によって違い、何種類かあります。

今回はわしたポークを食パンに挟む、サンドイッチでした。

お弁当にもよさそうですね(^^)/。

 

底面には、缶を開けるための道具がくっついています。

開け方のステッカーが付いているので、初めての人もできます。

 

缶を開けて、上下に分かれた缶をはずすとこのようになります。

上の部分がいつも、すこしいびつに、欠けているような、小さくなっているような感じになっています。

ほとんどの「わしたポーク」に共通の現象です。

製造過程で、どうしてもこうなってしまうのでしょうか。

 

お好みの厚さ・大きさに、てきとうに切って、フライパンでカリっと焼くのが、おいしく食べるポイントです。

テフロン加工のフライパンならば、油をひかなくてもいいでしょう。

でも、油をひいて、カリっと焼くのもおいしいですよ。

 

こんな風に、外側をカリっと焼き上げると、中がジューシーになり、おいしいです。

酢飯の上にのっけて、お寿司でもいいですね。

細かく刻んで、チャーハンの具もおいしいです。

ピリ辛で、しっかり味もついているので、お弁当のおかずにもいいです。

冷めてもおいしいです。

 

豚肉だけでなく、鶏肉も使っていることが、味がしつこくなく、さっぱりとしていながら、味わいが深い、おいしさの要因になっているのではないかと思います。

塩漬けではない、とのことですが、味はしっかりとついています。

もう少し味が欲しい人は、醤油を少し垂らしたり、ケチャップもおいしいと思います。

 

おいしくて、添加物も使っていなくて、2年以上は長期に持ち、お弁当や夜食、非常食にも使える、という、かなり万能な缶詰です。

おやつにも、おかずにも、おつまみにもなりますし、沖縄土産や贈答品にもなります。

さまざまなシーンに役立ち、しかもおいしいので、優秀な食品だと思います。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回は、「わしたスパイシーポーク」についてお伝えしました。

個人的には、「スパイシー」の方が好きです。

ピリ辛でないほうがいい方は、「プレーン」をお選びください(^^)/。

わしたポークレギュラー 180g ☆
わしたスパイシーポーク 180g ☆

 

自然食品のお店やデパートでも、見かけることがあります。

味がとてもいい、おすすめの缶詰ですので、よかったら食べてみてください!

★関連:柚子胡椒と同じ使い方でOK!沖縄の「シークワーサーこしょう」!(赤マルソウ)

★関連:【おすすめ沖縄みやげ】海ぶどうって何?どんな味?どうやって食べるの?旬はあるの?

★関連:ちびちび食べたい「豆腐よう(餻)」!沖縄の伝統の発酵食品!

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*