【マルちゃん】「肉ワンタン」がおいしい!電子レンジでも作れるのが便利!!

【マルちゃん】「肉ワンタン」がおいしい!電子レンジでも作れるのが便利!!

「ワンタン」はおいしいですよね。

ひき肉を使ったタネが少しだけ入っていて、ワンタンの生地の味も味わいながら、ツルッと食べられて、のどごしがいい食べ物です。

少なめの具を楽しみながら、生地の味わいをしっかりと楽しむ感じは、「生八ツ橋」に通じるものがあります。

今回は、ドラッグストア(スギ薬局)で見つけた、マルちゃん「肉ワンタン」についてお伝えします!

<スポンサーリンク>

マルちゃん「肉ワンタン」は、電子レンジ調理が可能な冷蔵食品!!

この「肉ワンタン」は、冷凍食品ではありません。

冷蔵コーナーで売られている食品です。

生のラーメンや焼きそばのコーナーに、一緒に置かれていると思います。

私は、大きめのドラッグストア(スギ薬局)で見つけました。

 

2015年2月にリニューアルされています。

しかし、もっと長い、「ロングセラー」のはずです。

価格は税抜238円です。

スープが2つに分かれているので、いちおう2人前(2食分)なのだと思います。

 

これがお店で陳列されていて、目を惹くのは電子レンジでもOKというマークです。

電子レンジで作れる、というのは、かなり魅力的です。

生タイプの中華麺などは、麺を茹でるお湯と、スープを溶くお湯と、2つお湯を沸かさないといけない場合も多いです。

こういう生タイプのワンタンも同様です。

しかし、マルちゃんのこの商品は、それが電子レンジでいい、というのですから、どうやって電子レンジで作るんだろう、という興味もひかれます。

 

<スポンサーリンク>

マルちゃん「肉ワンタン」を電子レンジで作りました!!

裏面に、作り方が載っています。

これを見ながら、今回は電子レンジで作ってみることにしました。

 

 

スープを先に作ります。

耐熱容器に、スープを所定量の水で溶いておきます。

そこに、きれいに並べられているワンタンをそっと取り出し、スープの中に入れます。

今回は2食ぶんいっぺんに作るため、どんぶりではなく、ジップロックの大きめの容器を使いました。

 

膨張するらしいので、軽く、ゆるめにラップをして、電子レンジにいれます。

500wで約5分とのことですが、機種や室温などで違ってきますので、様子をみて温めます。

温め終わったら、電子レンジから取り出し、1分ほど蒸らします。

 

これが出来上がりです。

こんなにカンタンに、お鍋も汚さずに出来上がってしまいました。

 

お椀によそいます。

刻んだネギなどがあれば完璧ですね(^^)。

 

ワンタンは、膨張したのか、思っていたよりも大きく感じました。

豚肉と鶏肉のミックスのタネは、ジューシーでおいしいです。

生地はツルッとして、たしかにのどごしがいいです。

 

スープも、しょうゆ味のラーメンスープで、飲むとホッとする味です。

1食分6個で、けっこう満足できました!

 

ガスを使わなくていいのは、ありがたいです。

これなら、ガスが心配なお年寄りや、子どもでも作れてしまいます(やけどには気をつけないといけませんが…)。

 

ただ、電子レンジ調理だと、キリッと温まってはいないです。

しっかりと温めて、アツアツをハフハフ言いながら食べたい場合は、お鍋でしっかりと温めるのをおすすめします。

このワンタンは、まずお湯を沸かしてワンタンとスープを同時に入れて2分煮込めばいいので、インスタントラーメンよりも早くできてしまいます。

ガス火で作る場合は、これに溶き卵も入れられます。

 

お鍋で作ってもいいし、電子レンジで作ってもいい、という選択肢があるのが、なんだか使い勝手が良さそうで便利に感じます。

1つくらい冷蔵庫に置いとくと、夜食にも使えるのでいいですよね。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

今回はマルちゃんの「肉ワンタン」(冷蔵品)についてお伝えしました。

メインのワンタンはおいしく、スープも醤油ベースのスタンダードな味で、安心して食べられる、ほっこりするような食品です。

このような、業務用が売られているみたいです。安いですね!

 

ワンタンはたまーに無性に食べたくなります。

冷蔵品の割には長く持つほう(10日から2週間くらい?)なので、1つくらい冷蔵庫においておくと何かと便利かもしれません!

★関連:【マルちゃん】まめバラエティパック4P(東向け)が便利でおいしい!(とんこつ・ワンタン)

 

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*